【UMB2020 GRAND CHAMPIONSHIP】MCバトル最高峰の舞台!今年の参加者、チャンピオンは誰の手に!?

MC battle

12月27日、日本中のヘッズが待ち望んでいる国内屈指のMC battle【ULTIMATE MC BATTLE】通称UMBがSTUDIO COASTでいよいよ開幕する。

これまでにも様々なドラマが生まれてきたこの大会で、今年は一体どのような結末が待ち受けているのか。衝撃の結末を見逃すな!!!

 

前年度とは異なり、今年の予選は新型コロナウイルスの影響を受けて全て中止になった。本戦は、各予選のオーガナイザーが決めるという異例の事態に。

出場MC一覧

  • 北海道代表:脱走
  • 青森代表:MAKI DA SHIT
  • 秋田代表:USTR
  • 岩手代表:J-Mack
  • 山形代表:JACKTER
  • 宮城代表:しぇん
  • 福島代表:GIL
  • 福島代表:Atomoshiphere
  • 新潟代表:阿修羅
  • 新潟代表:Dar-Tなたでここ
  • 群馬代表:BUSS
  • 群馬代表:小池 潔宗
  • 埼玉代表:KOOPA
  • 埼玉代表:スナフキン
  • 茨木代表:ALSEAD
  • 栃木代表:MAKA
  • 東京代表:ACE
  • 東京代表:黄猿
  • 神奈川代表:句潤
  • 神奈川代表:T-TANGG
  • 千葉代表:輪入道
  • 千葉代表:SHAMO
  • 山梨代表:PONEY
  • 静岡代表:TORA
  • 長野代表:MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻
  • 富山代表:EVOL
  • 石川代表:True or 4-SE
  • 岐阜代表:ALCI
  • 岐阜代表:裂固
  • 愛知代表:梵頭
  • 愛知代表:BASE
  • 福井代表:MC小法師
  • 滋賀代表:山本びんた
  • 滋賀代表:蛇
  • 三重代表:ふーわ
  • 京都代表:早雲
  • 奈良代表:HI-KING aka TAKASE
  • 奈良代表:Scooby J
  • 和歌山代表:SURRY
  • 大阪代表:ふぁんく
  • 大阪代表:KZ
  • 兵庫代表:KATY
  • 鳥取代表:JAKE
  • 岡山代表:FEIDA-WAN
  • 島根代表:KOWREE辞退で現在未定
  • 広島代表:MULBE
  • 山口代表:BEZIRO
  • 香川代表:KUYA MIGUEL
  • 徳島代表:T-STONE
  • 高知代表:RAGA
  • 愛媛代表:SKRYU
  • 福岡代表:REIDAM
  • 福岡代表:CJ
  • 佐賀代表:JAYPAY
  • 大分代表:$iva
  • 大分代表:鋼
  • 長崎代表:玲音
  • 熊本代表:H1GH BR1DG3
  • 宮崎代表:SHUN-P
  • 鹿児島代表:MUD ASH
  • 沖縄代表:D.D.S
  • 沖縄代表:MAVEL
  • UMB VOTE1:呂布カルマ
  • UMB VOTE2: BALA SBKN

BATTLE BEAT DJ

  • dj honda
  • DJ PMX
  • DJ KENSEI
  • DJ WATARAI
  • Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY
  • YOKE a.k.a DJ REDBLOOD
  • DJ TIGU

オンライン視聴チケットはコチラ

ULTIMATE MC BATTLEとは

ULTIMATE MC BATTLEは、Libra Records主催のフリースタイルラップの頂点を決める国内最高峰のMCバトルだ。勝敗は観客の声援にも左右されるため、観客全員が参加する、全員参加型のMCバトル。それがUMBだ。

UMBが毎年こんなに白熱する理由は、全国で行われる予選にある。UMBには、本戦と予選が存在し、この予選を制したものだけが、UMB本戦出場のチケットを得ることができる。そのため、UMB本戦では出場したMCたちの、レペゼンを背負う覚悟と決意を体感することができる。地元を代表して戦うMCたちの熱い戦いは、これまで多くのドラマを生み出してきた。今年の優勝賞金は100万円!優勝者は、世界で一つの刻印入りSENNHEISER「e945」ゴールデンマイクが手に入る。賞金100万円と、世界に一つのゴールデンマイクを手にするのは一体誰なのか!?全国から集った64名もの猛者たちの熱いbattleを見逃すな!

優勝候補!?今大会注目のラッパー

ふぁんく

http://www.ultimatemcbattle.com/2015/event/index2016.html

2019年UMB「THE CHOICE IS YOURS」春選抜優勝者ふぁんく。

R-指定と同じ梅田サイファー出身。UMBを過去に3連覇したR-指定は、ふぁんくの方が上手いと評していたほどの実力を持つ。圧倒的なスキルとギャグセンスで、観客を魅了する。落ち着いた雰囲気の中で、耳障りの良い滑らかなフロウで韻を踏む。

2019年UMB「THE CHOICE IS YOURS」の決勝では、呂布カルマを圧倒的なスキルでなぎ倒した。2017年のUMBでは、決勝でDOTAMAとの熱戦を繰り広げ惜しくも敗退した。UMB本戦での優勝歴がないふぁんく。2017年の無念を晴らし今回こそ優勝を手にすることができるのか。

早雲

http://ultimatemcbattle.com/2015/event/souun.html

京都をレペゼンするラッパー早雲。昨年2019年のUMBでは、決勝でAuthorityに惜しくも敗北し、準優勝。2015年のUMBではベスト4・2012年のUMBでもベスト4。3度出場したUMBでは、全てベスト4以上を記録している。さらに、早雲が負けた相手は、

2012(R-指定)、2015(CHICO CARITO)、2019(Authority)

全てその年の優勝者だ。まさに無冠の王者。

早雲のバトルスタイルは、男らしく、芯の通ったアンサー。そのスタイルに派手さはないが、一級品のリズムキープとライミングが合わさった早雲に弱点はない。

無冠の王者は、悲願の優勝を果たすことができるのか。注目が集まる。

輪入道

千葉県をレペゼンするラッパー輪入道。

フリースタイルダンジョンのモンスターを務めていたことからも、おそらく輪入道の名を知らない人はいないだろう。

2020年11月に行われたUMB2020「THE CHOICE IS YOURS」では、決勝で鎮座ドープネスに負けて準優勝している。律儀な性格で男としてかっこいい上にバイブス、韻、リズムキープ、ラッパーに必要な三拍子がバランスよく揃ったラッパー。灼熱のバイブスで、UMB2020を会場ごと飲み込み優勝することができるか!?

MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻

高校生ラップ選手権第6回、7回で2連覇を果たしたのち、UMBや戦極MC battleなどのトップレベルの大会でも活躍するMCニガリ。フリースタイルダンジョンでは、ラスボス般若と対戦し、見事勝利し史上3人目となるダンジョン制覇を果たした。UMBに出た当初は、高校生と一般のレベルに差があると思われていたが、2014年の東京予選優勝したことにより、その考えを覆した。

UMB、KOK、戦国MC battle、THE罵倒など、様々な大会で結果を残し続けるニガリが悲願のUMB初優勝なるか?

ULTIMATE MC BATTLEこれまでの優勝者

2005年から開始したULTIMATE MC BATTLE。2012・2013・2014と3連覇したR-指定など、これまでの歴代優勝者はいうまでもなく、日本語ヒップホップシーンに名を残す猛者だ。

UMB歴代優勝者

2005 カルデラビスタ

2006 FORK

2007 GOCCI

2008 般若

2009 鎮座DOPENESS

2010 晋平太

2011 晋平太

2012 R-指定

2013 R-指定

2014 R-指定

2015 CHICO CARLITO

2016 NAIKA MC

2017 DOTAMA

2018 MU-TON 

2019 AUTHORITY 

 

今回は、UMB過去3年分の優勝者にフォーカスして紹介していく。

2017年優勝者 DOTAMA

https://www.shure.com/ja-JP/performance-production/louder/dotama-umb-champion-2017-interview

新木場STUDIO COASTで行われた2017年UMBは決勝でふぁんくと死闘を繰り広げたDOTAMAが勝ちへの執念を見せつけて初優勝した。

フリースタイルダンジョンのモンスターとしても有名なDOTAMAだが、出場した全ての大会でベストバウトを残すという理由からミスターUMBとの異名を持つ。

これまでに、2013年にはR-指定に決勝戦で敗北、2015年にはCHICO CARLITOに敗北。あと一歩及ばない無冠の帝王が2017年についに優勝した。

2018年優勝者 MU-TON

https://www.shure.com/ja-JP/performance-production/louder/2018-umb-champion-interview

この年のUMB決勝は、GOTITや紅桜などの強豪をなぎ倒してたMU-TONと輪入道やKZと接戦を制してきた当時無名のAUTHORITY。この日のAUTHORITYは会場を味方にする勢いで勝ち進んできていたが、MU-TONが圧倒的なスキルとバイブスで格の違いを見せ、優勝した!

UMB2018で優勝するまで、MU-TONはビックタイトル獲得しておらず、一部のヘッズにはプロップス頼みとまで言われていた。しかしながら、国内最大級の大会UMBで優勝したことにより、その確かな実力を証明した。

UMB2019優勝者 AUTHORITY

UMB2018をきっかけに一気に知名度を上昇させ、2019年はKOK準優勝、Spotlight優勝、凱旋MCバトル2019夏の陣 優勝などまさに、2019年度最強の称号を得たAUTHORITY。

UMB2019の決勝は2019年最強のAUTHORITYとこの日勢いに乗って決勝まで来た早雲の対決。両者一歩も引かず、対決は延長戦へと突入した。この名勝負を制したのはAUTHORITY。UMB2018年の悔しさを晴らし、初優勝を成し遂げた。

 

YouTubeにアップされた動画の再生回数をみても、MCバトル、特にUMBの注目度はかなりのものだ。他にも多くの大型MCバトルは存在するが、MCのレペゼンを背負う覚悟と決意を体感できるのは、UMBだけではないだろうか。ヒップホップヘッズには、他の大会とは違う独特の緊張感の中で行われる熱き闘いをぜひ、リアルタイムでチェックしてほしい。

全国各地から集まった64人の中で栄光を手にするのは、一体誰なのか。誰が優勝してもおかしくないそうそうたるMCが揃った今大会から目が離せない。

結果とベストバウトピックアップ

▼結果+ベストバウト抜粋▼

【結果】UMB2020GRAND CHAMPIONSHIPの試合結果発表!優勝者は...

12月27日STUDIO COASTで行われたUMB2020GRAND CHAMPIONSHIP。 新型コロナウイルスの拡大防止のために、今回では歓声が禁止され、観客の拍手で勝敗を決めるという異例の大 ...

続きを見る

よく読まれています

-MC battle

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.