MC BATTLE & MUSIC WEB MAGAZINE

雑踏ビート

日本語ラップニュース 舐達麻

「DAYDREAM」はANARCHYとBADSAIKUSHによる贅沢な白昼夢

投稿日:

10月8日、ANARCHYとBADSAIKUSHによるコラボ曲「DAYDREAM」のMVが公開された。

それに伴い、各種配信サービスでも曲が聞けるようになった。今回は、東西のリアルラッパーのコラボについて焦点を当てていこう。

舐達麻の過去記事はこちらから↓

舐達麻がBUDS MONTAGEをリリース!舐達麻のビートの秘密を公開

舐達麻はギャングスタかリリシストか?その正体に迫る

ANARCHY×BADSAIKUSHはヘッズ歓喜の組み合わせ

daydream

ANARCHYとBADSAIKUSHはもはや説明不要の人気ラッパーだ。

以前からSNSなどで交流があることでも知られていたが、この度「DAYDREAM」でファン待望の共演が実現した。

各種配信はこちらから

ビートは舐達麻でおなじみのGREEN ASSASSIN DOLLAR。

MVの監督は舐達麻の100MILIONS(REMIX)や、JP THE WAVY、Mall Boyzなど日本語ラップの映像を数多く手掛けるSpikey John。

美しいメロウなサウンドと波の音、海とセクシーな女性のショットからラッパーが蹴る。もはやHIPHOPの様式美ともいえるシーンから始まるMVだが、和のテイストが強い場面と対比させることでANARCHYとBADSAIKUSHらしい個性が出ている。

公開1週間で再生回数100万回をゆうに越えているほど多くの関心と注目を集めている1曲だ。

THE KING、ANARCHYの貫禄

ANARCHY

熊谷まで行けば多分癖になる
THUGはどこで何をしていたって額の絵になる
GANG気取りの夢なんて純度低いケミカル
命を削って作り上げる不朽の名作
そーゆう事 この名前が看板
俺がいる限り狙え 二番か三番(ANARCHY)

さすがKINGらしいパンチラインが満載だ。

ANARCHYはかねてより、自分の人生や身を削って音楽を生み出すラッパー達に敬意を払っている。

その分リアルであるか、クールであるかのジャッジメントは厳しい。

「売れる音楽がしたい。」「ラッパーの価値を示したい」と語る彼だが売れてビッグになったからスターなのではなく、元から自分だけの姿を模索し続けているから唯一無二なのだ。

現在は自身のレーベル1%(ワンパーセント)を主宰しているが、avexとの契約の時にナイキのジャージで颯爽と現れた時のカッコよさを今でも鮮明に覚えている。

当時はまだメジャーレーベルとの契約には賛否両論あったが、ANARCHYが長らくあった日本語ラップの低迷期を支えシーンを盛り上げた立役者の1人であることは疑いようがない。

「DAYDREAM」のMVラストで彼らしいスタイルのスーツ姿が見られるが、様々な経験を経た彼だけが持つ渋い魅力がある。

自らが生み出すアートに真摯に向き合うBADSAIKUSHと手を組んだのは必然だろう。

鋭さを増すBADSAIKUSHの歌詞

BADSAIKUSH

文字の羅列磨いて向かう裁判所の階段
不確か、だけど確実に13 咳き込んでは
復讐の算段 音楽と売人の間を行き来してる毎晩

書く行為が祈り 刻む頭から靴底に 
確実に あの時より良い 今が一番良い 明日も同じ
だけどあの時と同じ 臭い飯が隣
バビロンが手招きする隣気化する大麻の液
達麻 Young Gunzがバラまく持ち出す熊谷駅(BADSAIKUSH)

ここに来て切れ味というか、リリシストぶりが加速しているのには驚く。

裁判所への階段を13階段(死刑台の例え)として、復讐の算段をしながらラッパーと売人の間を行き来してる毎晩・・・と細かく踏みながら結ぶライムは芸術的だ。

料亭と思われる暗い日本庭園風の空間、和室、ジョイント片手にゴールドを並べながらのマネーフォンポーズ、猫を愛でるBADSAIKUSHは「まさに舐達麻の世界観だ~!」と上がってしまう。彼ら流の陰翳礼讃だ。

MVには舐達麻のメンバー、G-PlantsとDELTA 9 KIDがカメオ出演しており、G-Plantsは「Real Side 履いたRhyme 当然の振る舞い~」の部分を作詞している。

舐達麻が脚光を浴びたころ、埼玉県から彼等のようなリアルハスラーなラッパーが出てきたことが意外だという意見を目にすることがあった。BAD HOPやZORNなど、都心の下町や工業地帯から上ってきたラッパーにはなんとなく納得する人が多いのとは対照的だ。

熊谷市ではないが、埼玉県の郊外出身の身からするとあまり意外性はない。県外に住む人からするとのどかなイメージがあるのだろうか。

確立したヤンキー文化があるわけではないがどこかダウナーというか、停滞している空間特有の現実的なサグさがある。

起きてみる夢は覚めない

ANARCHYとBADSAIKUSH

ANARCHYはこれまで、多くのラッパーとコラボして新たな一面を見せ続けてきた。

BADSAIKUSHも過去にRYKEYと曲を出しているが、あまり他のラッパーとの共作は多くない。そんな2人が組んだ「DAYDREAM」はGREEN ASSASSIN DOLLARの美しいトラックと相まってまさに白昼夢のような心地になる。

しかも事前プロモーションなしでこれだけ高クオリティのMVを公開したのは心憎い演出だ。

曲もビデオもリアルなラッパーにしか出せない魅力に満ちているので、繰り返し視聴して楽しんでいきたい。

-日本語ラップニュース, 舐達麻
-, ,

Copyright© 雑踏ビート , 2020 All Rights Reserved.