【2021夏ノ章戦極vs凱旋 MCBATTLE】2大大会が激突!優勝は一体...

MC battle

2021年8月14日に開催が予定されている。

その名も、2021夏ノ章戦極vs凱旋 MCBATTLE。

イベントのタイトルからもわかるように、今大会は国内でも大手のバトルイベント、戦極MCBattleと凱旋MCBattleの合同開催。

大会は、東京都渋谷区のSOUND MUSEUM VISIONにて行われる予定となっている。

今回は観客の歓声によって勝敗を決める観客歓声判定方式となっており、今まで以上に盛り上がりを見せることは間違いないだろう。

今大会は、戦極軍から8人と凱旋軍から8人の計16人のトーナメント方式。

戦極軍

01.SAM

02.NAIKA MC

03.SHO

04.がーどまん

05.写楽

06.SKRYU

07.ミメイ

08.?

凱旋軍

01.MU-TON

02.Donatello

03.Maiji

04.Yella goat

05.Fuma no KTR

06.Nidra Assassin

07.Charlu

08.?

今大会は、1年ぶりにバトルに参戦するSHOなど、この大会でしか見られないようなベストバウトが期待できそうだ。そして、戦極陣、凱旋陣共に、残りの一人はまだ発表されていない。残る一人は一体だれなのか。引き続き注目していきたい。

今大会のDJは、これまで多くのバトルイベントを盛り上げてきたYANATAKEとゆのが担当する予定だ。

また、当日は2組のアーティストによるスペシャルライブも予定されている。

誰がライブをするのかはまだ公表されていないが、こちらにもぜひ期待してもらいたい。

16人の精鋭の中で最後に生き残るのは一体誰なのか。今回は、2021夏ノ章戦極vs凱旋 MCBATTLEをより楽しんで観戦するために、出場MCの中から注目のMCを何人かピックアップして紹介していこうと思う。

観戦チケットはこちら

2021夏ノ章戦極vs凱旋 MCBATTLE 注目MC

戦極と栃木が産み出した押韻職人SAM

7月24日に行われた凱旋MCBattle大阪ノ陣優勝し、今勢いもあるラッパーSAM。

即興ながら完成度の高い押韻で相手を翻弄するスキルと熱いバイブスを兼ね備える戦極軍のエース的存在だ。

戦極MCBattleでもトップレベルの押韻対決。

俺は想像通りにトントン拍子に行かなかったから暴走行為を重ねたまんま

重ねた走行距離 そして東京の地そして とうとうキングの椅子を狙いに行く

この言葉の通り、虎視眈々とキングの椅子を狙い勝ち星を重ねたSAMが戦極20章チャンピオンに輝いた。

今大会も、得意の押韻で会場を盛り上げ優勝することができるか。

陽気な用心棒SHO

戦極軍3人目として一年ぶりにBattleに参戦するSHO。

もともとは、アルペンスキー日本代表の経歴を持つSHO。HIPHOPが人に力を与えるというリスペクトから、ラッパーへと転身した。

その後2015年にリリースした「薬物はやめろ "ヤクブーツはやめろ」がテレビ番組「ビートたけしのTVタックル」で取り上げられ、有名になった。

そんなSHOは、戦極MCBattle第21.5章で、呂布カルマと激突。

おれは言ってやるぜ 今日も ヤクブーツはやめろ

とお得意のフレーズも飛び出し、会場を盛り上げた。

今大会は、MCBattle史上に残るベストバウトを残してくれることに期待したい。

北九州の超新星 Maiji

凱旋MCBattle3人目は北九州をレペゼンするラッパーMaiji

先日行われた凱旋MCBattle西日本ZEPP TOURに立て続けに出場し、ベストバウトを残し続けたことで、いまや凱旋MCBattleを代表するMCになった。

おれは電光石火の如く ビートに乗るフロウ

やりたいことしかやりたくない やりたくないことしてる暇がない

言いたいことをしっかりとビートに乗せながらも、小節内に綺麗に収めるMaijiのラップスキルの高さが垣間見える試合。

毎度ベストバウトは残すが、勝利が遠いMaiji。その悔しさを晴らし、今大会で輝くことができるか。

神がかったリズム感を持つMC Fuma no KTR

00世代として知名度を獲得したFuma no KTR。もともとは、藤KooS、八咫烏などというMCネームで活動していた。

独特のリズムキープで中毒性のあるフロウを繰り出し、毎回会場を盛り上げている。

戦極第21章でmoguraと激突。
第15回高校生ラップ選手権の因縁もある両者の対決は、間違いなくこの日のベストバウトだった。

これどこまでもラップだけでブッ飛ばしてく

moguraのエンジンじゃ俺には追いつけない

地下UndergroundからFly High 飛び立つぜ

ビートと一つになって言葉を相手にぶつけるFuma no KTRのビートアプローチがやばすぎる。

今大会も、唯一無二のビートアプローチを見せつけ会場をジャックすることができるか。

頭フル回転で魅せる独特のライミング ミメイ

相手が発した言葉を瞬時に拾い上げて的確なアンサーを返すことのできるHIPHOPのIQの高いMCミメイ。

「高校生ラップ選手権」や、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」への出演、「KING OF KINGS 2018 FINAL」への出場など、近年着実に経験を積んでいるMCの一人。

 

ミメイは今年の3月14日に行われた戦極U-22MCBattleでRAGAと激突。

「高知のRaga」より俺様「本気の技」 初期衝動なら「当時のまま」

コロナ期間なら「お家の中」 でもステージに立てば「狂気の沙汰」

バイブス満タンで来るRAGAに対して、冷静に押韻と的確なアンサーで追い詰めるミメイ。

即興でこれだけ完成度の高い韻を踏むミメイから調子の良さが伝わってくる。

今大会も、その確かなラップスキルを見せ、頂きに立つことができるのか。注目していきたい。

【2021夏ノ章戦極vs凱旋 MCBATTLE】優勝は一体...

国内大手2大大会が激突する2021夏ノ章戦極vs凱旋 MCBATTLE。

戦極軍と凱旋軍を背負った16人の熱き戦いに期待したい。

夏のBIGイベントである今大会のチャンピオンに輝くのは一体誰なのか。

当日はabema放送にて生中継も予定されている。

新王者が誕生するその瞬間を見逃すな!

観戦チケットはこちら

【追記】2021夏ノ章戦極vs凱旋 MCBATTLEを制したのは...!?

2021夏ノ章戦極vs凱旋 MCBATTLEを制したのは...呂布000カルマ!

 

がーどまん vs 呂布000カルマ【BEST8】

ひたすらに圧力をかけるがーどまんと、ひたすらに煽りまくる呂布000カルマの最高のベストバウト。

<呂布000カルマ>

ユーチューバーに誇りを持てよ アホかあんなもん遊びやろ誇りなんか持つか

それ以前におれはラッパー このマイク一本に誇りを持ってるんです

暇と時間とおしゃべりを使ってお小遣い稼ぎさせてもらってます

それで一番になったからなんやねん お前マイク持ったら一番最下位やろ

お互いのアンサーが鋭く、対話がしっかりと成立するとこんなにもMCバトルが面白くなるのか。

がーどまんのアンサーも悪くなかったが、呂布000カルマがラッパーとしてのスタンスを貫き勝利した。

呂布000カルマはこの勢いのまま勝ち上がり、決勝戦でSAMに勝利し、優勝を果たした。

 

今大会の、戦極vs凱旋はこれで幕を閉じたが、今後も戦極vs凱旋は続いていくことだろう。

さらに、戦極MCBattle24章が日本武道館で10月9日に開催されることが発表された。武道館のチケットはかなりの早さで売れているようなので、早めの購入をおすすめします。

 

戦極MCBattle第24章チケットはコチラ

よく読まれています

-MC battle
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.