MC BATTLE & MUSIC WEB MAGAZINE

雑踏ビート

大門弥生

大門弥生×Micro第二弾!カープールカラオケからのビーチセッション

投稿日:

1月3日、大門弥生は新年最初の特別企画としてDef techのMicroとのコラボ動画を公開した。

そして次回は、コラボ第二弾のスタジオセッションを披露する。昨年10月に撮影された海辺での開放的な様子は、寒さが厳しい今の状況でリラックスできる企画となっているようだ。

第一弾はお互いの曲をドライブしながら歌うカープールカラオケ

2021年1月に公開された大門弥生×Micro第一弾のカープールカラオケは、両者のYoutubeチャンネル内で公開された。

新年最初の「ウタダイモン」はDefTech・Microを迎えてのカープールカラオケ!

大門弥生のYouTubeチャンネル内で不定期配信される「ウタダイモン」、昨年末に行われたレッドシューズでのライブの熱も冷めぬうちにまたもスペシャルな企画が発表した。 DefTechのMicroをゲスト ...

続きを見る

Microのチャンネル「Def tech Micro's Lifestyling.」で企画趣旨と共にアップされている。

カープールカラオケを企画として選んだのは、

・日本のアーティストがまだやっていない

・コロナ禍において密を避けストレスなく楽しめる

などの理由があるそう。

今後もMicroがホストに、アーティストを招いてカープールカラオケ動画を公開していく予定だそうなので気になる方はそちらもチェックしよう。

初めて買ったCDがDef Techのアルバムだという大門弥生と、彼女のアーティスト性を高く評価しているMicroからはお互いをリスペクトしている様子がうかがえる。

その中でも、特に思い入れのある曲として「Quality of life」を挙げている。

「Quality of life」は、かなり直接的に女性への反差別を歌詞にした楽曲で現在よりも「フェミニスト」という言葉が一般的でなかった2005年当時としては画期的だった。

なにせその時代は、自身でメッセージを込めた女性アーティストが多く存在したとはいえまだブリンブリンとマチズモが王道の美学として捉えられていた。

当時中学生だった大門弥生は、まだフェミニストとしての自覚があったわけではないが好んで聞いていたという。

それに対しMicroは、「Quality of life」の歌詞は大学でのフェミニズムの授業が関係していると答えた。

法政大学で田嶋陽子氏の授業に強い衝撃を受けたことを明かし、曲中の「あるフェミニストが言った2000年間ひっくり返す時が来たぜ」は田嶋氏の発言だそう。

今、音楽や映画などエンターテイメント界でもフェミニズムをテーマにした名作が増えてきている。大門弥生の音楽もそうだし、「82年生まれキム・ジヨン」「燃える女の肖像」など構造に苦しむ女性を扱った作品が『特別なジャンル』ではなくメインストリームで扱われることが増えてきた。

こういった時代の変化によってなのか、男性側も家父長制への疑問を投げかけ古い時代の価値観を見直す動きも見えてきている。社会的なプレッシャーを背負わされ、地位や名誉といった重しの大きさで判断される仕組みは誰を幸せにしたのだろうか。

家庭ではレディファーストを教え込まれ、大学でフェミニズムを学んだMicro、つまり女性を守ることと差別をしないこと、似ているようで本質は異なる考えを持つ彼はまさに時代の過渡期の男性として映った。

昨年9月にVOGUE JAPANが行った田嶋陽子氏へのインタビューは、フェミニズムに懐疑的な考えを持つ人にもぜひ見て欲しい。

フェミニズムに迎合する人もそうでない人も、「ないもの」として無視できなくなったのは田嶋氏のような先人の尽力によるものだ。

時代の価値観と個人としての自尊感情に苛まれた母からの呪縛について語る部分は今の時代でも共感する人も少なくないだろう、男性にもそのまま当てはまらないだろうか。

自分の中にいる苦しさをもたらす鬼の正体はなんだろう。それが社会で共有されている価値観と無関係なことはあるのだろうか?

大門弥生のチャンネルでは、「まけんな」をフルで見ることができる。

そして、終盤では楽曲制作をかけサーフィンに挑戦するが結果はどうなったのか?動画で確認しよう。

コラボ第二弾としてスタジオでのセッションが実現(※日付変更)

大門弥生とMicroのコラボは、これにとどまらずスタジオでのセッションが披露される第2弾も予定されている。

https://twitter.com/DaimonYayoi/status/1347721379961999361?s=20

当初は1月10日に公開される予定だったが、編集の都合上29日20時にスケジュールが変更された。

ビーチでの生音セッションとのことで、第一弾のカープールカラオケ編とは違ったパフォーマンスが行われたようだ。

見逃さないように

大門弥生公式Twitter

大門弥生公式YouTubeチャンネル

を確認しておこう。

再びの緊急事態宣言下で家にいる時間が増えた人も多いと思うが、ビーチでの解放感あふれるセッションをみんなで楽しみたい。

よく読まれています

-大門弥生
-, ,

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.