MC BATTLE & MUSIC WEB MAGAZINE

雑踏ビート

DJ

DJ界の才女にしてニュースター「Licaxxx」の今までとこれから

投稿日:

HIP-HOPとクラブミュージックにおいては、女性DJも実は幅広く活躍している。

男性DJとはまた一風違った選曲でフロアを操り、素晴らしい音楽体験をもたらしてくれる。

 

現在はハコモノの音楽文化が流行っているので、多くの女性DJが台頭してきた。そんな中、一際強烈な輝きを放ち続けている「Licaxxx」というDJがいる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

オフショ @moncler @fujiwarahiroshi

Licaxxx(@licaxxx1)がシェアした投稿 -

本記事ではLicacxxxのパーソナリティや経歴、今後の展望などについて解説しよう。

Licaxxxとはどんな人か?

Licaxxxは、現在もっとも勢いのある女性DJの一人だ。

現在29歳で、DJを始めたのは19歳。

マシンテクノとハウスミュージックを中心とした、趣あるチョイスが特徴。

その技術とセンスから、あちこちのライブハウスやイベントに呼び込まれている。

 

DJを始めたばかりの頃、いきなり東京のFM放送「J-WAVE」で自身の冠番組を持ち始める。

その後、東京周辺で知名度が向上。

現在はHIP HOPブームも手伝って、広く知られるようになった。

 

本業はDJだが、、モデル、ライター、ラジオパーソナリティと、活躍の範囲が幅広い。

特にラジオパーソナリティとしての活動は、かなり注目されている。

 

ちなみにLicaxxxは、慶應義塾大学出身ということでも、ときたま話題に上がる。

KREVAといいzeebraといい、慶應上がりのHIP系アーティストの才覚は恐ろしい。

 

そして恐ろしく美人である、ということでも知られている。

そういうエピソードはないのだけれど、容姿と声色のせいで、彼女がYoutubeに登場するたびコメント欄にはドM男が湧く。

ドM男のヘッズはFAKEなので、心当たりのあるヘッズは自分を見直そう。

Licaxxxの音楽活動

Licaxxxは、DJとしてはかなり輝かしい音楽活動歴をもっている。

2016年、多くのDJの憧れである「Boiler Room Tokyo」に出演。

Boilerは、一流のDJだけが出演できる特別なイベントだ。

MCバトルにおける戦極やKOKの本選みたいなものだと思って欲しい。

 

さらに「フジロックフェスティバル」「CIRCOLOCO」へ出演するなど、DJとして大活躍している。

その他DJ HAUS 、Max Greafとも共演。

世界中からもプロップスも集めているのである。

 

さらにLicaxxx名義で全国ソロツアーも開催するなど、とにかく精力的に活動してきたことがうかがえる。

 

その他ミラノコレクションや、dressedundressdの東京コレクションにおいても音楽演出を担当。

ミラノコレクションとは、要するにパリコレクションの「業界関係者向けバージョン」であり、とても権威あるイベントだ。

 

直近だと、2020年10月3日、STAR FESTIVAL2020(京都府)に出演予定。

2020年9月現在、例の新型コロナウイルスによって、活動自体はセーブしている。

新型コロナウイルスの騒ぎが終わったら、是非Licaxxxの現場を体感して欲しい。

 

DJプレイ中の様子は以下のとおりだ。

<Licaxxx Ray-Ban x Boiler Room 023 Unplug DJ Set>

上述した「Boiler Room Tokyo」出演時の様子。

テクニカルなナンバーを重ねて、独特な雰囲気に仕上げるのが彼女の持ち味だ。

<絶景>

サカナクション系列のメディアで紹介されたDJプレイ。

ものすごく高尚な話だが、自然との調和のようなものを感じないだろうか?

<森、道、市場2018>

DJについて知らない人にとっては、この動画はもっともわかりやすいかもしれない。

雨の中でもブチ上がる理由も感じられるだろう。

Licaxxxの、DJ以外での活躍

Licaxxxの場合は、DJ以外の活躍にも言及しておかなければいけない。

油断しているとすぐにひょっこり現れる。

パーソナリティ

現在、

に出演中。

Mellow Down Eadyでは、Creepy NutsやKing nuなど、今をときめくアーティストと対談しているので、見応えがあるだろう。

 

ラジオ、あるいはパーソナリティとしての活躍が目立つLicaxxxだが、彼女は「素晴らしい音楽を届けたい・知らせたい・共有したい」という思いを強く持っている。

こういった信念が、現在の活動にもつながっているのだろう。

(DJも、結局は「音楽を届ける仕事」なので、ある程度融和性があるのだろう)

ファッションモデル・

そのルックスが評価されて、ファッションモデルとしても活躍している。

DJが格好良くて慶應卒でモデルでCMにも出ているという無茶苦茶な才能の振られ方が、Licaxxxという女性なのだ。

一例を挙げれば、VOGUE、Droptokyoなどの女性ファッション誌に登場。

すっかり女性のファッションアイコンになっている。

 

また、いくつかのCMにも出演している。

特にミュージックカルチャーやテクノロジーに関するプロダクトを表現するうえでは、Licaxxxは抜群の影響力があるだろう。

<Microsoft Surface Pro4 CM>

Microsoftの最新機種CMに登場。

これは全世界にタイアップされて放送されている。

世界中が彼女を見ているのである......

<ソフトバンク FUJI ROCK'19 EXPerience>

これはソフトバンク関係のCM。

アーティストたちの大半が「音楽最高」とリレー形式で言い回しつつ、なぜか「何も言わない」Licaxxxがどう考えても誰よりも格好いい。

ライター/編集者

また、文筆業にも精を出している様子だ。

Licaxxxは、Webメディア「シグマファット」を主宰。

音楽やファッション、美術など、(狭義での)アートについて発信している。

 

また雑誌「ケトル」でも連載をもっている。

一部記事は、上記のNoteからも単品購入可能だ。

 

本人の趣味嗜好に合ったものを紹介したり、インタビューしたりしている。

彼女と感性が近いと感じている人は、ぜひ読んでみて欲しい。

 

連載によれば、「涼宮ハルヒの憂鬱」や「攻殻機動隊」、「パトレイバー」といったガッチガチのオタクアニメも好きらしい。

ブレードランナーなどのサイバーパンク映画も好きなんだとか。

この辺りにもLicaxxxの唯一無二なセンスと感性がうかがえる(そういえばタンテもサイバーパンクっぽい......)

 

才女、Licaxxxに期待

View this post on Instagram

@cinra_net

A post shared by Licaxxx (@licaxxx1) on

 

というようにLicaxxxは、DJのみならずさまざまな分野で活躍している。

特にラジオパーソナリティとしての活躍が目立つ。

彼女のラジオを聞けば、きっと素敵な音楽やカルチャーに、深いレベルで触れ合えるだろう。

 

先ほども触れたが、彼女は「ステキな音楽を伝えたい」という信念をもって活動している女性だ。

彼女のセンスに共鳴する人は、是非追っかけて欲しい。

-DJ
-,

Copyright© 雑踏ビート , 2020 All Rights Reserved.