凱旋MC battle 西日本Zepp tour 福岡の陣 最強の栄光は...

MC battle

7月4日に行われた凱旋MC battle 西日本Zepp tour名古屋の陣の興奮の冷めやらぬ中、すでに7月18日に開催が決定している凱旋MC battle福岡の陣。

今回大会も前回同様、16人のトーナメント方式で行われる。

福岡大会では、九州選抜8人と、ゲストMCが8人。

一回戦は、九州選抜vsゲストMCという組み合わせが決まっており、凱旋MC Battleの常連MCと各地の実力派MCの熱い戦いが期待できそうだ。

今回のゲストMCはこちらの8名だ!

ゲストMC

No.1 SIMON JAP

No.2 SKRYU

No.3 S-kaine

No.4 CHEHON

No.5 Authority

No.6 MCニガリa.k.a赤い稲妻

No.7 MU-TON

No.8 Fuma no KTR

そして、九州選抜はこちらの8人

九州選抜

No.1  Maiji

No.2  Siva

No.3  クボタカイ

No.4   Rin音

No.5 PAVYVIEW

No.6 Rikkiswan

No.7 東京特許許可局長智大

No.8 だーひー

チケットはすでに売り切れ御免だ。当日はAbemaでチェックしよう!
(※一般チケット2,500コイン、Abemaプレミアム登録で全試合無料だ(月額960円/初回2週間まで無料)!)

配信はコチラ

さらに福岡の陣スペシャルライブを担当するのは、Red Eye。

きっと会場を盛り上げてくれること間違いなし。イベント開催までにRed Eyeの曲を復習しておこう。

今回も、AbemaTVでの独占生配信が決定している。1回戦までは、Abemaプレミアム会員じゃなくても無料で見ることができる。現在Abemaプレミアムは2週間無料キャンペーンも実施しているので、この機会にぜひ加入を検討してみてほしい。

2週間の無料キャンペーンで、凱旋MC battle福岡の陣、大阪の陣両方を見ることができるチャンスをお見逃しなく。

開催を今月18日に控えた凱旋MC battle 西日本Zepp tour 福岡の陣を数倍楽しんで見るために、今大会に出場するMCの中で注目のMCをピックアップして紹介していこうと思う。

凱旋MC Battle 福岡の陣 注目ラッパー

福岡レペゼンのラッパー Rin音

福岡県宗像市出身のラッパーRin音。

Chill系のメロウチューンな楽曲が人気で、2020年にリリースした「snow jam」がSNS上で話題になり、一気に知名度を上げた。

音源の印象が強いRin音だが、これまでに戦極MCBATTLE 第23章出場するなどMCBattleもなかなかの実力者。音源の心地良ソフトな歌声とは真逆の熱いスタイル。このギャップに驚いたヘッズも少なくないだろう。

「おれは愛を愛で返す。それができる男になりたいからHIPHOPを愛したんだよ。

お前とは違うとかじゃない。でもリスペクトは送る。だが殺してやる。」

地元福岡で熱いバイブスを見せて優勝することができるのか、注目だ。

北九州の超新星 Maiji

KOK2020年FINALIST Maiji。今大会は、九州に根を張り活動してきたMaijiが全国区に名を轟かすビッグチャンスとなること間違いなし。

これはマイクだ 口だけ達者 それもいいがな

ここのコンクリートジャングル おれが制してく これがHIPHOPER

2020年KOKで、SILENT KILLA JOINTと激突。

独特のリズムキープとワードセンスで、観客を釘付けにさせた。

今大会は九州選抜として参加するこの大会で悲願のチャンピオンになるか。

福岡の新世代ラッパー クボタカイ

宮崎県出身、福岡在住する新世代ラッパークボタカイが九州選抜として登場。

人気のキラーチューン「ベッドタイムキャンディー2号」や「TWICE」などで知名度を獲得した。

音源が話題になったことで、MCBattleの経験が少ないと思いきや、戦極MCBattle20章の九州&沖縄予選に出場していたりと、実力も十分。

まだ20代と若いクボタカイ、地元福岡でどこまで爪痕を残せるのか。

宮崎をレペゼンするラッパーPAVYVIEW

PAVYVIEW。聴き馴染みのない名前のように思えますが、その正体は、当時高校生1年生ながらもUMB2014予選BEST4に進出して、一躍有名になったAdam。

2016年の戦極MCバトルU22  西日本 優勝などの経歴もあり。

2016年の戦極MCBattle U-22 決勝の相手はじょう。

流行りに乗っかるのが本当に好きなんだな。レジェンドたちが苦労して登るステージに投票で登るのかよ

しっかりとかませここは平成。時は平成 リスナーの低迷

熱いバイブスと鋭いアンサーで2016年の戦極MCBattle U-22のチャンピオンに輝いた。実力は十分。今大会のダークホースなるか。

PAVYVIEWは音源もかっこいいので、ぜひ注目してもらいたい。

凱旋MC battle 西日本Zepp tour 最強の栄光は誰の手に...

凱旋MC battle 西日本Zepp tourも三場所目に突入。

かなりのベストバウトも多かった前回大会同様、今大会もハイレベルなBattleが期待される。

16人の実力者が集った今回のトーナメントを制すのは一体誰なのか。

ぜひ、リアルタイムでその瞬間を目撃してほしい。

チケットはすでに売り切れ御免だ。当日はAbemaでチェックしよう!
(※一般チケット2,500コイン、Abemaプレミアム登録で全試合無料だ(月額960円/初回2週間まで無料)!)

配信はコチラ

【追記】凱旋MC Battle福岡の陣優勝は...!?

7月18日に行われた凱旋MC Battle福岡の陣優勝最強の栄光を手にしたのは...SKRYU!

今大会は九州勢が苦戦していた印象。九州勢唯一の勝利は、Authorityに勝利したクボタカイのみ。

ゲストMCの勝利が目立った今大会の決勝戦は、凱旋MC Battle横浜の陣の王者S-kaineとSKRYU。

感謝と感謝と愛に揉まれ生きてきた体重55kg

お袋の味?してやる袋叩き、勝って福岡で服を買う

会場の空気を自分のものにしたSKRYUがS-kaineを撃破し悲願の優勝を手にした。

次は、7月24日に行われる凱旋MCBattle 大阪の陣。

次なる王者は一体誰なのか。凱旋MC Battleからまだまだ目が話せない!

よく読まれています

-MC battle
-

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.