Bleecker Chromeが2年ぶりとなる最新作『Alive』をリリース!

music

2019年に1stEP「Born Again」をリリースし、音楽性とスキルの高さから話題を集めたBleecker Chromeが、本日7月19日に2年振りとなる最新シングル『Alive』をデジタルリリースした。

『Alive』はBleecker Chromeならではとも言えるトレンドを掴んだフロウと英語を織り交ぜたリリック、サウンド面がさらにパワーアップした楽曲となっている。

アルバム先行シングル『Alive』

Bleecker Chrome『Alive』

▽Bleecker Chrome『Alive』

Title: Alive
Lyric by Kenya, Xin
Produced by RIMAZI (Flying B Entertainment Inc.)
Recorded by RIMAZI at Flying B Studio
Mixed, Mastered by RIMAZI at Flying B Studio

各種配信&ストリーミングはこちら

ジャケットに「TYO←→NYC」とあるが、Bleecker Chromeは元々LDHの若手育成プロジェクトに参加し、ニューヨークで武者修行を重ねた経験がある。

ソロや客演を経て2年振りのリリースとなった『Alive』は、KENYA とXIN、DJ TAKU/VLOT、そして「Flying B」「And I Love You So」などAK-69の代表曲を多く手掛けるRIMAZIが手掛けている。

テリトリー増えてくBest Life
流れる時間 過去から現在 
Imma get it right now
Yeah We gon get this money right yah yah
火つける Lit 勝ち誇り
死ぬまでKill Then 掴み取るBills
去る者よりも来る物が良い
今に生きる 今に生きる
So right to be alive 好きなLife
Wasting no time 残りのタイム

hookからは、これからに目を向けたパワフルなメッセージが伺える。

走り疲れてもまだ止まれない
絶え間なく居なきゃ叶えられない
Tonight まだ辛い but feel alive (No Lie)/KENYA

今の状況にまだまだ満足していないこと、叶えたい夢がある様子が描かれている。グループとして紆余曲折あった期間を経てもなお高みを目指す姿勢は変わっていない。

She said this my jam
俺らgoing ham
about c.r.e.a.m and breads, BLT
Eat em up
毎日欠かさないplottin

XINのバースでは、ユーモアを交えた言葉遊びが披露されている。

素直に単語を読むとジャム、ハム、クリームなどと食べ物関連の名刺のようにも思えるが、

my jamは「好きな曲」「お気に入りの物」

go hamは「尽力する」「懸命に頑張る」

c.r.e.a.mはウータンクランの曲のタイトルCash Rules Everything Around Me(creamで圧勝する、やっつけるという意味もある)

Breadもc.r.e.a.m同様お金という意味や、頑張る時の声かけに使われる

リリックでも描写されているように、これからも彼等の活躍する姿が見られるだろう。進化を続けるBleecker Chromeが楽しみだ。

Bleecker Chrome公式インスタグラム

よく読まれています

-music
-,

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.