凱旋MCBattle 西日本Zepp tourファイナル 大坂ノ陣優勝は一体...

MC battle

7月18日に行われた凱旋MCBattleの余韻も残る中、今月7月24日には、西日本Zepp tourファイナル大阪ノ陣が開幕される。

もともとは、6月6日に公演予定だったものが、緊急事態宣言発令の影響で、7月に延期になった今大会は、前回大会とは異なり24人のMCのトーナメント方式で大会が進められる。

No.1 Authority

No.2 MCニガリ a.k.a.赤い稲妻

No.3 裂固

No.4 K-razy

No.5 TERU

No.6 真ACE

No.7 SAM

No.8 TKda黒ぶち

No.9 KYO虎

No.10 POWER WAVE

No.11 キョンス

No.12 ミステリオ

No.13 Silent Killa Joint

No.14 S-kaine

No.15 JOE

No.16 NARVE

No.17 Lil Steez

No.18 Fuma no KTR

No.19 Yella goat

No.20 呂布カルマ

No.21 MU-TON

No.22 歩歩

No.23 ERONE

No.24 早雲

チケットはコチラ
(※Abemaでは一般チケット2,500コイン、Abemaプレミアム登録で全試合無料だ(月額960円/初回2週間まで無料)!)

配信はコチラ

見てもらえばすぐ分かるとは思うが、今大会に出場する24人のMCの中には、過去のUMBチャンピオン、KOKチャンピオン、戦極MCBattleのチャンピオンなど、国内最大手のMCBattleのチャンプが勢揃いだ。

誰が優勝してもおかしくない白熱の大会が期待される今大会。

ゲストライブもかなり豪華で、KEIJU、Shurkn Papが登場。

権利の都合により、KEIJUのLIVEの模様は、ABEMAでは見ることができないが、会場全体が盛り上がること間違いなし。

スペシャルライブのKEIJU、Shurkn Papの曲を復習しておけば、当日もテンションMAXでMCBattleが観戦できること間違いなし。

今大会も前回大会同様AbemaTVで独占生配信が決定している。1回戦までは、Abemaプレミアム会員じゃなくても無料で見ることができる。さらに、現在Abemaプレミアムは2週間無料キャンペーンも実施しているので、この機会にぜひ加入を検討してみてほしい。

開催を今週土曜日に控えた凱旋MCBattle大阪ノ陣をより楽しんで観戦するために、今回は、凱旋MCBattle大阪ノ陣出場MCの中から注目のラッパーを紹介していこうと思う。

凱旋MCBattle 大阪ノ陣 注目MC

UMB2019本戦優勝者Authority

青森をレペゼンするラッパーAuthority。現在のBattleシーンで知らないものはいないと言っても過言ではないだろう。

7月18日に行われた凱旋MCBattle福岡ノ陣では、惜しくもクボタカイに敗れてしまったが、今大会はその悔しさをバネに躍進することができるか。間違いなく今大会注目のMCだ。

Authorityが優勝した年のUMB本戦決勝の相手は、早雲。

俺もHoodを背負った だから青森の代表 地元

そこから狼煙を上げた 今までの全てはこの日の為だ

しっかりと早雲に熱いアンサーを返し、この日の主人公に。

Authority今大会の主人公になることができるか。

大阪レペゼン技巧派MC K-razy

大阪をレペゼンする技巧派MCK-razy。

以前「U-22 MCBATTLE」で裂固と対決したBattleでのバースの韻のはめ方が気持ちよすぎると話題にもなりました。

空電池 より俺はしっかり蓄えてエネルギー

まるで頭にマンガン電池 首切ります バルタン星人

そんなK-razyは、2019年に行われた凱旋MCBattle東西選抜夏ノ陣にも出場。

威圧してくる梵頭を恐れずに、熱いアンサーを返し見事勝利した。

 

俺の血が出て背中が真っ赤に染まった

おかしいな おれは相手に背中を見せたことはねえよ

大阪でオーディエンスを味方につけ勢いにのることができるか。

瞬間トップオブザヘッド TKda黒ぶち

フリースタイルダンジョン3代目モンスターとしても活躍していたTKda黒ぶちが出場できなくなった輪入道、CHEHONの代わりに凱旋MCBattleに急遽参戦。

今大会もその熱いライムと高速で的確なアンサーでベストバウトを生み出すこと間違いなし。

そんなTKda黒ぶちは戦極20章でScooby Jと激突。

得意の早口で的確なアンサーを放つものの、

Scooby Jの

思想と哲学の二丁拳銃 ラッパーは鉛筆としのぎを削る

このパンチラインに押され惜しくも敗北したが、間違いなく戦極20章のベストバウトになった。

HIPHOPシーンのベストバウトメーカーは、今大会頂上までたどり着くことができるか。TKda黒ぶちにも注目だ。

現場叩き上げスタイル POWER WAVE

元々は、deejay crashの大会に出るレゲエDeejayだったが、近年急激にMCBattleにも参戦。

数々のMCBattleの大会に参加し成長の止まらないPOWER WAVEがチャンピオンとなる日はもうすぐなのかもしれない。

 

戦極MCBattleでレゲエ対決が実現。

レゲエ界のレジェンドであるCHEHON相手にもバチバチのPOWER WAVE。

正直もっとCHEHON君やばいと思ってた。deejay crashやったら敵わんかなとか

でもラップバトルの現場に来てみたら、正直おれの方が上やぞこら

即興で勝負するために、敢えてネタを使って最後のバースで畳み掛ける策士な一面も見せ、見事CHEHONに勝利した。

今最も勢いに乗る男 S-kaine

凱旋MCBattle横浜ノ陣でも優勝し、福岡ノ陣でも準優勝という今最も勢いに乗る男S-kaine。今回は、地元大阪での大会ということで、その勢いが加速することも予想される。

AREA AREAのビートが聞こえなくなるほどのS-kaineの声量から気合が伝わってくるこのBattle。MU-TONさえも飲み込んでしまうほどの、バイブスで見事横浜大会の優勝を掴み取った。

実は俺ラップ初めて10年目だぜ 一人前って言えんじゃね?

ブチ上がり実績と共に あとは優勝のみのこのステージ

 

悪役として快進撃を続けるダークヒーロー、地元大阪で悲願の優勝なるか。

間違いなく今大会の優勝候補だといえるだろう。

凱旋MC battle 西日本Zepp tour 大阪のChampにふさわしいのは誰だ...!

誰が優勝してもおかしくない白熱のトーナメントが予想される大阪ノ陣。

全国各地から集った24人の中から生き残りをかけた男たちの戦いがまもなく開幕する。

大阪ノ陣チャンピオンになるのは一体誰なのか。観覧・Abemaプレミアムでその様子をリアルタイムで目に焼き付けろ!

チケットはコチラ
(※Abemaでは一般チケット2,500コイン、Abemaプレミアム登録で全試合無料だ(月額960円/初回2週間まで無料)!)

配信はコチラ

 

【追記】凱旋MC Battle大阪ノ陣を制したのは...!?

7月24日西日本Zepp tourファイナル 大坂ノ陣を制したのは、SAM!

 

決勝戦では、

ラストのバースジャッジメント・デイ!栃木も大阪も愛してんぜ

と、大阪ノ陣らしいパンチラインを放ち、Authorityを撃破。即興で完成度の高いライムを淡々と吐き続け、圧倒的な強さを見せつけた。

 

今大会で西日本Zepp tourは終了。

コロナ対策に配慮しながら4公演開催してくれた、怨念Jap、そして大会運営に携わってくれたスタッフに心から感謝したい。

8月14日に行われる2021夏の章戦極vs凱旋MCBattleだ。

今大会優勝したSAMも、戦極代表として戦う予定だ。TwitterでのSAMのシャウトもぜひチェックしてもらいたい。

 

 

次なる王者は一体誰なのか。HIPHOPシーンの夏はまだまだ終わらない。

よく読まれています

-MC battle
-

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.