新曲「NINJA SMOKE」リリース!孫GONG・JAGGLAの最強ユニット、ジャパニーズマゲニーズ

music

福岡の音楽プロデューサーチーム”ADD CREATIVE”が客演としてジャパニーズマゲニーズを迎えた新曲「NINJA SMOKE」が9月30日に配信が開始された。

アムステルダム現地で撮影したPVも近日公開の予定だ。

元ネタとなった曲は、The Notorious B.I.G. とJunior M.A.F.I.A.がリリースした「Get Money」だ。今回のビートはNARISKが担当している。

フックの「GANJA SMOKER JAPANESE NINJA WE ARE THE MAGENESE JAPANESE NINJA」という部分は中毒性があって何回も聴きたくなる。

舐達麻のメンバーや阿修羅MICなどと交流のあるジャパニーズマゲニーズ。ヒップホップシーンで話題沸騰中の彼らだが、実際謎が多く知られていない事も多い。

今回は、勢いに乗っている最強ユニットジャパニーズマゲニーズについて紹介していく。

ジャパニーズマゲニーズとは?

ジャパニーズマゲニーズは、大阪ナンバーワンクルーTORNADを代表するJAGGLAと、ニート東京でのインタビューで多くの注目を集め話題になっている京都を代表するラッパー孫GONG がタッグを組んだ最強ユニットだ。

JAGGLA(ジャグラ)

名前:JAGGLA

生年月日:1987年1月10日

年齢:33歳(2020年9月現在の年齢)

出身地:大阪府高槻市

大阪府高槻市で生まれたJAGGLA。中学生の時に先輩に教えてもらった「キングギドラ」の再結成をきっかけにヒップホップに目覚めた。その後はアメ村でバイトをしながら結成したラップクルー「TORNADO」の中心メンバーとして地元高槻を中心にライブイベントを行っている。現在のメンバーでもあるCz Tigerも、よくJAGGLAたちのイベントに遊びに来ていたとか。

先輩ラッパーGAZZILAとの出会って、ソロラッパーとして活動を始めるようになった。心を揺るがすような熱いライブパフォーマンスでメキメキと頭角を現したJAGGLAは、SHINGO☆西成やANARCHYの次を担う関西ラップシーンの中心的存在としてヘッズからの支持を集めている。

2011年には、クルーTORNADで初となるMIX CD 「TORNAD WARNING」をリリース。関西圏のCDショップでは、売り切れ続出となり、現在も入手困難な作品だ。TORNAD2枚目のMIX CD 「OUTBREAK」は、iTunesヒップホップチャートで1位に輝き、知名度を全国区に広げるきっかけともなった。

クルーTORNADでの活動だけでなく、JAGGLAソロでの「オヤシラズ feat.GAZZILA」は、関西クラシックの新たなる形として、多くの関西ヒップホップヘッズを魅了した。2016年には、JAGGLAソロ名義での初めての作品となるMIX CD 「with my own eyes Mixed by DJ KEM」をリリースし、全国30カ所にも渡る大規模ツアーを成功させた。2016年には、THE FOREFRONT RECORDSへ加入し、コンスタントに楽曲をリリースしている。

孫GONG

名前:孫GONG

生年月日:1987年 5月1日

出身地:京都府京都市伏見区

京都府京都市伏見区で生まれた孫GONG。洋楽は何を言っているか分からないという理由で、ほとんど聞いていないという。そのため特に影響を受けた洋楽のアーティストもいないと言っている。しかしながら、先輩のフリースタイルを見て衝撃を受け16歳の頃にマイクを握った。薬物依存なり、滋賀県の山奥に21歳から23歳までの2年間山奥に籠って薬物を抜いた。その後2014年、京都のイベントでISH-ONEに出会い、ツアーに同行して全国のイベントでライブをした。

京都の木屋町を拠点に活動するクルーBACKBONEを夜千代、白鬼、key坊などと結成する。2015年には、1stシングル「孫GONG/花火feat.JAGGLA,紅桜 prod. by TEAM2MVCH」でデビュー。

その後、ISH-ONE率いるTEAM2MVCHフルプロデュースによる1stアルバム「祭遊鬼」をリリースし、iTunes アルバムランキング9位を獲得。その後は関西を中心に年間60本以上のライブをこなした。ZEEBRA主催のラジオ局「WREP」の企画MURDER GPでの楽曲バトルをきっかけとなり、フリースタイルバトル「As ONE」に出場した。そのバトルがヘッズの間で話題となり知名度を獲得した。

2018年4月に行われたABEMA TV主催のライブバトル番組「SMASH HIT」では、高木完とのコラボ曲で優勝を果たし、2018年7月には自身2枚目のアルバム「狂都」をリリースした。

ニート東京のインタビューが話題を呼ぶ

孫GONGの名を全国区へ広めるきっかけともなったニート東京のインタビュー。

孫GONGの多くの武勇伝を知ることができるのでぜひチェックしてほしい。

このインタビューでは、高校生の頃に孫GONGが野球をしていた話をしている。

当時の孫GONGはキャッチャーをしていて、MDMAのやりすぎでピッチャーが投げたボールが全てナックルに見えたと語っている。

そのほかのインタビューでは、ヤクザの父親のツテでマラドーナに会ったことがある。と語っていたり、孫GONGの多くのぶっ飛んだ武勇伝を知ることができる。

ジャパニーズマゲニーズはYouTuber?

ジャパニーズマゲニーズはYouTubeチャンネルを開設しています。1分前後の短い動画ながらも、普段の孫GONGの様子などを見ることができて、とても面白い。

ジャパニーズマゲニーズの名曲

ジャパニーズマゲニーズとしての1stアルバム「TRIP MASTER」は客演も豪華で、名曲がたくさんある。

ここでは、ジャパニーズマゲニーズの名曲を紹介していく。

ジャパニーズマゲニーズ - REAL STONER feat.PERSIA & VIGORMAN

PERSIAとVIGORMANとフューチャーリングした曲。PVはパイプで吸いまくっているシーンばかりで、YouTubeでは年齢制限がかけられている。VIGORMANが歌うhookの部分はとても聴き心地がいい。

ジャパニーズマゲニーズ - BLUE BERRY feat. 阿修羅MIC & SNEEEZE

阿修羅MICとSNEEEZEを客演に迎えたジャパニーズマゲニーズの楽曲。

「420」を表す2020年4月20日にYouTubeでPVが公開された。

ジャパニーズマゲニーズ - スモーク★ウォーズ feat. Cz TIGER & 13ELL

Cz TIGERと13ELLを客演に迎えた楽曲。
音の抜き方が絶妙で、

「この火種が落ちればおしまい」「数学0点 でも 人生逆転」

など、一つ一つがかっこいい。このビートはDodge Noledge dir.tassanが担当している。

いかがだっただろうか。今回は、ジャパニーズマゲニーズについて紹介した。

交差した人生で出会ったJAGGLAと孫GONGの最強ユニット。

2人の化学反応はこれからもヒップホップシーンを熱く盛り上げていくだろう。

これからもジャパニーズマゲニーズの活動から目が離せない。

よく読まれています

-music
-, , , ,

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.