MC BATTLE & MUSIC WEB MAGAZINE

雑踏ビート

木梨憲武

木梨憲武のインスタにSALUやAKLOが登場...!ノリさん実はかなりのヒップホップ好きだった?

投稿日:

木梨憲武ヒップホップ
(出典:https://www.instagram.com/kinashiten/

最近、フリースタイルダンジョンや高校生ラップ選手権といったMCバトルの影響もあってか、テレビをつければヒップホップにまつわるバラエティ番組やCMが流れることが多くなった。ヒップホップ好きとしてはこれぞ「社会現象」とも言える嬉しい状況だが、何よりもお笑い芸人さんがヒップホップに目覚め始めて2倍感動もんな訳で(もともと好きというのもあるだろうが...)。さて、そんな中大物お笑い芸人の1人である「とんねるず・木梨憲武」のインスタが話題になっている。既に知っている方もいると思うが、ヒップホップシーンには外せないSALUとAKLOがノリさんのユニークな仕事シリーズに登場してるのだ。では一体なぜ...?今回はそんな木梨憲武のヒップホップにまつわるお話をしていこう。

 

お笑いを知り尽くした男、木梨憲武


(出典:仮面ノリダー最終回総集編

木梨憲武といえば、誰もが知ってる大御所中の大御所「とんねるず」で多くの人を笑いに包むお笑い芸人。とはいえ、木梨憲武の活動はお笑いだけではなく、画家として世界中で個展を開く一面もあるほか、歌手や俳優としての顔も持つ男である。昭和と平成の時代を知る者なら、何と言っても"とんねるずのみなさんのおかげでした(です)"の番組から誕生した「仮面ノリダー」と番組スタッフで結成された音楽ユニット「野猿」は頭の片隅に残っているはずだ。

うん、懐かしい(笑)
ノリダーと一緒にいたチビノリダー、実は俳優の伊藤淳史というのもまた面白いところ...。

最近ではとんねるずの解散が囁かれる訳だが、やっぱりこの方は石橋貴明とのセットがよく似合う。また、2人で破天荒な企画を番組を通してやってもらいたいもんだね。

木梨憲武の仕事シリーズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

木梨憲武 / Noritake Kinashiさん(@noritakekinashi_official)がシェアした投稿 -


そんなことはさて置き(諸々派生してしまった)、現在木梨憲武はインスタにて仕事シリーズと題してあらゆる職人になっておもしろ写真を投稿するのが趣味の一部になっている模様。これが仕事の一環なのかもしれないが、我々を楽しませてくれるためかほぼ毎日のように投稿されている。時には板金屋さん、新聞配達、中古レコード廃盤専門店、パチンコ店員などなど...木梨憲武のこだわりが凝縮されているだけではなく、その職業になりきった姿はまさに匠の一言。

ハイヤーにSALU

 

この投稿をInstagramで見る

 

木梨憲武 / Noritake Kinashiさん(@noritakekinashi_official)がシェアした投稿 -

中でもヒップホップ好きの方が注目したのは、ハイヤーを運転する運転手の回。「麻布から厚木の運転となります!」とコメントした写真を見てみるとなんと後部座席にSALUの姿が...!
まさかのSALUとのコラボに多くの方が驚いたようだが、シュールな絵面もなんだかヒップホップ感を感じさせてくれてますね。ちなみに、SALUと出会ってから5分後に撮影を行ったようで、微妙にブレてる写真もなんだか納得(笑)

その他にも名だたるラッパー達と...

AKLOとサッカー日本代表・岡崎慎司

 

この投稿をInstagramで見る

 

木梨憲武 / Noritake Kinashiさん(@noritakekinashi_official)がシェアした投稿 -

こちらはAKLOとサッカー日本代表・岡崎慎司とのワンショット。コメント欄を見ると「ダイビングヘッド」というグループ名で"オフサイドトラップにやられた。"というデビュー曲を用意している模様だが、恐らくこちらもお仕事シリーズの一環。サッカー好きと知られる木梨憲武、岡崎慎司との交流はなんとかく想像付くがAKLOとの接点は一体...。兎にも角にも、ガチでデビューしてくれたらヒップホップシーンが盛り上がりそう。

SWAY、EXILE・USA、藤井フミヤ、ヒロミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

木梨憲武 / Noritake Kinashiさん(@noritakekinashi_official)がシェアした投稿 -

こちらはDOBERMAN INFINITYのSWAY、EXILE・USA、藤井フミヤ、ヒロミとのワンショット。ラジオ番組「土曜朝6時 木梨の会。」では、この時の様子について木梨憲武は"テキーラを3杯以上飲んだ"と明かしており、記憶をなくして帰宅したとのこと。お仕事シリーズではないものの、幅広い交流と56歳でテキーラを飲むって流石の一言!

NIGO®

 

この投稿をInstagramで見る

 

木梨憲武 / Noritake Kinashiさん(@noritakekinashi_official)がシェアした投稿 -

ご存知、ストリートブランド「A BATHING APE®(ア・ベイシング・エイプ)」の創業者であり、ファッションに関わらず音楽プロデューサーとしての顔も持つNIGO®とのワンショット。一部では「木梨憲武と似てる」なんて声もあるが、それ込みで仲良しなのかも...?

AK-69

 

この投稿をInstagramで見る

 

木梨憲武 / Noritake Kinashiさん(@noritakekinashi_official)がシェアした投稿 -

こちらはAK-69とのワンショット。恐らく、AK-69が3月に行った武道館ライブを木梨憲武が観に行ったのだろうが、Def Jam Recordingの金のネックレスがかなりイケイケ。ちなみに、AK-69自身はとんねるずの「ガラガラヘビがやってくる」を最初に買ったCDとしてツイッター上で公言。数年前までは交わることがなさそうだった2人だけにこれは感動的なエピソード。

ノリさんはヒップホップを愛してる?


(出典:木梨 憲武&Bro Korn ROMAN HI

ここまで木梨憲武がヒップホップシーンに関わる人間達と交流が深いことをインスタを観ながら説明してきたが、実はかなり昔に日本を代表するレジェンドDJ「DJ YUTAKA」やブラザー・コーン、久保田利伸と共に楽曲を制作したのはご存知だろうか?これは、20年ほど前に放送されていた「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」の企画として誕生した、ジョージ山本と木梨憲武(木梨憲三郎)との演歌デュエットの楽曲「浪漫」をヒップホップ調にREMIXしたもの。

当時この楽曲を聴いてDJやラップに挑戦した方ももしかしたらいるのかも?それほど、インパクトのある楽曲なので一度聴いてみる価値アリですよ。音源自体はCDとして販売されていないようで、現在はYouTubeのみで視聴するしかなさそう...。

ダンサーとしてもヒップホップ愛が?


(出典:生ダラ ROCKSTEADYCREW JAPAN メンバー紹介

また、生ダラ時代はかなりドープな企画が行われており、今のストリートダンスを築き上げたレジェンドクルー「ROCK STEADY CREW JAPAN」とも共演。ブラザーコーンや風見しんご、勝俣 州和と共にダンスやストリートファッションについて触れている。だいぶ昔の映像なので、覚えてるのは多分30代〜上の方々。その後もEXILEともダンスコラボしてたりするが、まさにノリさんのダンス愛はここからスタートしたと言えよう。

木梨憲武とのコラボ楽曲聴きたい!


(出典:あじさい「二人だけの世界」

そんなこんなで、今回は木梨憲武のインスタ投稿やヒップホップ好きに関する情報をお届けしたが、今後は多くのラッパー達が木梨憲武と何かしらの企画で楽曲をリリースしそうな予感!R&Bシンガー"HI-D"をボーカルに迎えた「あじさい」というグループもあったくらいなので、何処かのタイミングで色々と仕掛けてきそう。

他のヒップホップ好き芸人にも注目したい!

ちなみに、ノリさん以外にもお笑い芸人にはヒップホップが好きな方がちらほら。
例えるなら、とろサーモン久保田(MCサーモン)はフリースタイルダンジョンにも出場するほか、AbemaTVの「NEWS RAP JAPAN」で巧みなフロウとユニークなライムで多くのラッパーに驚きと笑いを提供した。また、最近になって2人組の「カミナリ」はなんと番組のロケ中にBUDDA BRANDの人間発電所を熱唱。意外な人物であればあるほど、ヒップホップ愛を感じざるを得ません...(こちらは元ラッパーあばれる君の都市伝説風の言い回しですね)。

SKY-HI × SALU / Say Hello to My Minions [CD]
価格:2084円(税込、送料別) (2019/8/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

-木梨憲武
-, , , , ,

Copyright© 雑踏ビート , 2019 All Rights Reserved.