Young CocoがEP先行シングル『TOKYO!!!』をデジタルリリース!

music

日本にとどまらず海外でも着実に人気が高まっているYoung Cocoが、本日シングル『TOKYO!!!』をリリースした。

東京オリンピック開会式が行われる今日聞くと、感慨もひとしお深くなる楽曲に仕上がっている。

『TOKYO!!!』はEP先行シングル

Ypungcocotokyo

▼ Release Information
Young Coco『TOKYO!!!』
2021.07.23 (FRI) RELEASE
各種配信&ストリーミングはこちら

『TOKYO!!!』では、Young Cocoから見た東京の姿が描かれている。

プロデュースはYung Thug、Megan Thee Stallionなどを手掛けるアトランタのビートメイカーBL$$Dと、
国際的に活躍しているstarmotion所属のISSY!が担当している。

ヒップホップで東京、とりわけ渋谷が曲に出てくると、都会でのし上がるフレックス、裏社会やストリートの闇の部分、シティポップ的都会の倦怠感がテーマになることが多いが、色々な立場の人をストレートに描写するのは珍しいように思う。

コロナ禍において、リリックへの気持ちがフレックスではなく愛を持った視点に変わったとYoung Cocoは以前インタビューで語っていたが、『TOKYO!!!』もまさに都会に暮らす人を愛をもって描かれている。

満員電車 人混みの中 
男と女 遠い電波 TOKYO

集まる仲間 いつものメンバー
たむろする道玄坂 ファミマ
あの子電話 探す電波
働くサラリーマン もうなんでもいいじゃん
働くウーマン もうすぐ週末

吸って吐く息 都会の空気
押しつぶされないように
肩の力抜き 俺気楽に
また誰かのために

働く歌舞伎町あの子
朝まで飲んでる男
楽しむただただ今を
朝晩こもるスタジオ

皆やりたいように
自分で決めるストーリー
パソコンの前飲むコーヒー
窓の外見れば飛行機

夜空のように輝く夜景やネオンは、様々な環境で働くひとりひとりの市民によってつくられているのだ。

ちなみに道玄坂にファミマは6店舗くらいある。Asiaなど渋谷で人気のクラブから近い。

東京で働き暮らす人、それ以外の地域にいる人でも仕事のストレスや色々なニュースで疲れてしまっている人も多いだろう。

『TOKYO!!!』はこんな状況の中でも、また少し頑張ろうという気持ちにさせてくれる楽曲だ。

▼ Young Coco
Instagram : https://www.instagram.com/youngsavagecoco
Twitter : https://twitter.com/coco_137_jpn
YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCQtmmMSSuRYXIyCYMytNL5g

よく読まれています

-music
-,

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.