Young Cocoがニューアルバム『05:56 KOKORO』をリリース!

music

『TOKYO!!!』『DAKE!!!』のリリース、Red Bull RASENへの出演など、2021年も精力的に活動を続けているYoung Coco。

そんな彼が本日新しいアルバム『05:56 KOKORO』をリリースした。

アルバムリリースを記念したリスニングパーティ、オリジナルグッズの販売も決定した。

様々な心模様が描かれた『05:56 KOKORO』

Young Coco 05:56_ジャケ写

▽Young Coco『05:56 KOKORO』

各種配信&ストリーミングはこちら

8月27日にbpm tokyo / HIBRID ENTERTAINMENTからリリースされたばかりの『05:56 KOKORO』はすでに多くの注目を集めている。

iTunesのTop 100 Hip-Hop/Rap Albumsチャートでは3位にランクインしている。


アルバム全編を通して、Young Cocoのハートが込められたリリックと洗練されたビートが楽しめるが、何曲かご紹介していこうと思う。

なお、先行シングルとしてリリースされた『TOKYO!!!』についてはすでにご紹介しているので記事最後のリンクからご覧いただければ幸いだ。

I Can't Get No Sleep

トラック4の『I Can't Get No Sleep』は、ネガティブな状況にあって色々な出来事が身に降りかかっていても、自分の心を保つことが大切だと歌われている。

タイトルのI Can't Get No Sleepは、「眠ることが出来ない」「眠っている時間などない」という意味が込められているようにも感じた。

黙ってすぐ行動高鳴る胸鼓動 (ohh) 黙ってすぐ行動
俺どんどん踏み込む
あいつdope回す潜む影生きていくためだし仕方がない
願う今明るくなるようこの世に潜んでいるでっかい影
1〜10ここで学ぶ出会った人俺の仲間
上まで連れて行く
1〜10個の目で見たものだけ自分の目で判断俺この目で見たものだけ (yeahh)
I ain't got no time 過ぎていった時間
もう戻れない もう戻れない (戻れない)
I ain't got no time 過ぎていった時間
もうすぐ俺の出番 もうすぐ俺の出番

ミニマムなギターのサンプリング音と車のドリフト音も相まって、かなりグランジな楽曲に仕上がっている。

No Pressure!!!

LEXを客演に迎えた『No Pressure!!!』は、プレッシャーをものともしないリリックが特徴的だ。

Young Cocoのバースとhookは、まさに今迷っている人の背中を押してくれるような内容だ。

LEXのバースは、プレッシャーをはねのける内容をメロディアスなフロウで披露している。

LEXは曲によってフロウや歌い方、発声を変えてチャレンジしているが、新曲を聞くたび「また新しいアプローチがあるんだ」と驚いてしまう。

ぐずぐずしちゃいられないぼっとしてる暇ない
怖気付いてる暇はない 進むの今 あと押す背中
(ohhhh) 誰か見ている日曜 神様だといいよ
なーんて馬鹿みたいに笑い合ってる (笑ってる)
ohhh ohhh
周りいつもそばで見てる 答えなんてだれも知らない
好きにやりな 生きてる間(Young Coco)

また俺の勝ち 意識してない
女の子思う まだ若いのに
プレッシャーでつぶれる
くらいなら俺やってないよ
ピース飛ばすビーム
スーパー最高 ありがと
リックオウエンス着て
持つミッキーのカバン(LEX)

APOLLO!!!

SANTAWORLDVIEWが参加した『APOLLO』は、タイトル通り宇宙が惑星がリリックに散りばめられている。

星に願いをかける、短い人生だからこそ天の上に行くまでに悔いなくやりたいことをやりきる、その願いや夢がまるで惑星のように遠く感じられても自分がスターになるまで進む、といった意味が込められている。メッセージとメタファーが効いた楽曲だ。

Everyday every night every time
三日月ぶら下げてる Ice
広い世界に浮かぶ星 その中で探す一番星 (ohhh)
銀河鉄道 月へ向かうとこ
宇宙ステーション アポロ11号
あの子が祈る星に願い事 君が明るなるよう願う今日
Moonlight Mmmmm
目には見えない雲の上 みんないつか雲の上
悲しい顔は見たくはない 昔のことはほろ苦い
何度転んでも構わない 手を取り踏み出すもう一回(Young Coco)

Do or Die,Do or Die,Do or Die,
まずやらなきゃ始まらない
数える星 進む時
いつか人はここからLeave
誰でもSay my name
またRide on my Game
そんんでもって行くSpace
Born 98のCowboy
俺はSpike Spiegel
もう大抵のVisionは見えた
SessionするRace
No I Can not stop Going Mars
止まれない俺らはStar
毎晩あの娘はMiss Me
泣いてる顔すら本当にMimi
I know this is Riskey
だけど座りたい王座の椅子に(SANTAWORLDVIEW

05:56!!!

最後にご紹介するアルバムタイトル曲『05:56!!!』は、youngsavagecoco名義でYoung Coco自らビートメイクしている。

ピアノのサウンドが切なく美しい印象を与えている。

リリックもタイトルの『05:56!!!』も、色々な情報や選択肢がある時代だが、自分の心の声を大切にすることについて歌われている。

胸の中心の中目では見えない My heart 君の瞳の中
胸の中心の中目では見えない My heart 君の瞳の中
hold up wait pullup swerve (skrrr)
迷わず判断焦るなその瞬間 案外簡単
胸の中心の中迷いない
自分で決めた道どの道この道
今必死なるRich 今必死なるリッチ (Let's go)

Money on my mind I've been on my grind
迷わず今俺これしかない 
Money on my mind I've been on my grind
進むしかない これしかなーい

SNSなどで色々な人の意見や成功体験が身近に見られることは良い面もあるが、本来自分がしたいことやシンプルな目標が曇ってしまうネガティブな面もある。

自分で選択を重ねていても、心からの本心を尊重する機会は残念ながらそれほど多くないかもしれない。

アルバム全編を通して心の声や、気持ちの揺れ動きを大切にしている印象を受けた。

Young Cocoは以前、コロナ禍になってから曲作りの仕方が大きく変わったとインタビューで答えていたが、まさに本作もリスナーの心に寄り添って背中を押すような表現が多かった。

暗いニュースが続いて気分も塞いでしまう人も多い中、たくさんの人の癒しになるような作品だ。

既にアルバムを通して聞かれた皆さんは、どの曲が好きだろうか?

現在、Young Cocoの公式Twitterで8月27日に出演する波物語でパフォーマンスする曲目の希望をコメントで募集している。

当日行く予定がある人はアルバムを聞いて、お気に入りの曲をコメントしよう。

リスニングパーティ開催&オリジナルグッズリリースも決定

『05:56 KOKORO』のリリースを記念し、リスニングパーティの開催とオリジナルグッズの発売が決定した。

オリジナルグッズはtokyovitaminとコラボで以下のアイテムが制作される。

  • 限定デザインのTシャツ(2種類)
  • ビーニー
  • ブレスレット

販売時期など詳細は、Young CocoとtokyovitaminのオフィシャルSNSなどで告知される予定だ。

さらに『05:56 KOKORO』リスニングパーティーが8月28日に大阪のCONTENASTORE OSAKAで、同日深夜にはCIRCUS OSAKAで開催されるイベント「FULLHOUSE」の中でアフターパーティーが行われる。

CONTENASTORE ONLINE 

CIRCUS Osaka 

『TOKYO!!!』のMVも公開予定

アルバム先行シングルとしてリリースされた『TOKYO!!!』のMVが、MOBY ”D” KEIZOディレクション、KLOOZプロデュースで制作されている。

近日公開予定のようなので、以下の公式SNSをチェックしてほしい。

▼各種 SNS アカウント

Young Coco Instagram :

LEX Instagram 

SANTAWORLDVIEW Instagram 

bpm tokyo Twitter 

よく読まれています

-music
-, , ,

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.