「大豆田とわ子と三人の元夫」主題歌にSTUTSとKID FRESINO、松たか子!?

music

4月13日にスタートしたカンフレ・フジテレビ系連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の主題歌のコラボレーションが豪華すぎると話題になっている。

その主題歌のタイトルは、「Presence I (feat. KID FRESINO)」

トラックメイカー/MPC PlayerであるSTUTSと松たか子、そして3exes(3人の元夫)と名乗る岡田将生、角田晃広、松田龍平のコーラスとして参加。さらに、KID FRESINOがフューチャーリングとして参加している。

この楽曲のOfficial Music Videoは、4月14日20時にYouTubeに公開された。

今回の楽曲は、STUTSがトラック制作および、楽曲プロデュースを担当。松たか子による歌のメロディーと歌詞は、シンガーソングライターのbutajiとSTUTSにより制作。また、松たか子のラップ・パート部分はKID FRESINOのリリック & ディレクションでレコーディングされた。

この主題歌のMVは、Yudai Maruyama と Yohei Hagaがディレクターを務めた。MVの最初のシーンはボーリング場からスタートする。おしゃれな雰囲気とどこか大人の雰囲気を感じさせるMVと松たか子の美声が絶妙にマッチしている。

今回は、「大豆田とわ子と三人の元夫」の主題歌「Presence I (feat. KID FRESINO)」について解説していきたい。

脚本家・坂元裕二の最新作「大豆田とわ子と三人の元夫」

『カルテット』『最高の離婚』『Mother』など数々の連続ドラマや、現在公開中の映画『花束みたいな恋をした』を手がけた脚本家・坂元裕二の最新オリジナル作品となるドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」

今作は松たか子扮するわ子が3人の元夫(岡田将生、角田晃広、松田龍平)に振り回されながら幸せを探し求める愛おしいロマンティックコメディー。

実は、今作の第一話ドラマ本編にはSTUTS、KID FRESINOがカメオ出演している。本楽曲は、ドラマエンディングには「主題歌(第1話)」とクレジットされており、第二話以降のエンディングにも注目だ。

松たか子

STUTSさん、そして彼のもとに集まる才能豊かな皆さんと、ドラマの主題歌、エンディングの映像を作れたことをとても誇りに思います。ドラマを観てくださった皆さんへの、毎週のお楽しみになるかと思います。どうぞお見逃しなく!

松たか子×ラップ 新たなプロジェクトの始まり

松たか子 元夫役の岡田将生、角田晃広、松田龍平に「もう想像しながらニヤニヤ」 - フジテレビュー!!

https://www.fujitv-view.jp/article/post-284037/

ドラマを立ち上げ始めた頃にプロデューサーの佐野亜裕美さんと、脚本家の坂元裕二さんの間で、「主題歌は松さんでラップはどうだろう?」という話で盛り上がったというエピソードがある。

そこからプロデューサーの佐野亜裕美さんが藤井健太郎さんに相談したところからプロジェクトがスタートしたという。

松たか子とラップという意外な組み合わせが、ここまでの化学反応を起こすとは誰が予想できただろうか。

KID FRESINOと松たか子は相性抜群!

これまでも、コトリンゴやカネコアヤノなどの女性シンガーとコラボしてきたKID FRESINO。女性シンガーのノビの良い美しい歌声とKID FRESINOのリリックは相乗効果を生み出す。

今回の楽曲でも、松たか子の美声とKID FRESINOの暖かくロマンチックな歌詞の相性が抜群。

KID FRESINO

この肩と手と耳、君に貸すためのもの

all night long過ぎて 東の窓 息を吐いて描く傘へ誰を入れよう

夏の迎えは来るのかが不安な春 この書きかけのdramaには続きがある

KID FRESINOのこの詩性を感じさせる歌詞がたまらない。

心に優しく入り込んでくるKID FRESINOの歌詞と独特のフロウは一度聴けばやみつきになること間違いなしだろう。

今回は、火曜日夜9時のフジテレビ系連続ドラマ。この主題歌を聴いたHIPHOPに詳しくないリスナーの方々も、きっとKID FRESINOとSTUTSの虜になることだろう。

hook(松たか子)

流れる時に立ち止まったとしても 自分の来た道は振り返らない

隠した気持ちは 新しい朝に立てた コーヒーの苦さ

心の中に残る後悔が 浅い眠りの中で蘇る

あの日のあなたは とても輝いてみえた 夢はもう醒めた

隠したほろ苦い思い出をコーヒーに見立てた歌詞。

昔の記憶に後悔があるヒロインの心情をストレートに歌った楽曲。

STUTSが坂東裕大の劇伴の一部をサンプリングしたビートと、松たか子の歌声からは2000年代前半のどこか懐かしい雰囲気を感じられる。

さらに、3exes(=3人の元夫)としてドラマの出演陣である岡田将生、角田晃広、松田龍平のコーラスが加わることによって楽曲に厚みが出ている。

ジャンルを超えた幻の共演で実現した作品を聴き逃がすな

https://news.goo.ne.jp/article/spice/entertainment/spice-285850.html

STUTSと松たか子、さらに岡田将生、角田晃広、松田龍平ら豪華俳優陣にKID FRESINOがフューチャーリングした今作「Presence I feat. KID FRESINO」

誰も予想できなかった豪華な共演をぜひ、このMVで体感してほしい。

最近では日本語ラップブームに火がついたことでテレビ、雑誌、ラジオなどラッパーのメディア露出度がかなり増えている。

今回、今作「Presence I feat. KID FRESINO」を通してSTUTSやKID FRESINO、そしてHIPHOPという文化に興味を持ってくれる人が一人でも増えることを心から願っている。

よく読まれています

-music
-, , ,

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.