“マジでそうさ !”のFRANKENが輪入道を迎えた「俺は誰だ」をリリース!

music

“マジでそうさ !”で知られるFRANKENが、「輪入道のような強者と1on1でやりたかった ! 最高に燃える相手 !」と、ラッパー輪入道にフィーチャリング・オファーして、コラボ実現。

裸一貫“ラップ、リリックで勝負する”ことに重きを置いた豪快なサイコパス・チューンが完成!

アーティスト: FRANKEN
タイトル: 俺は誰だ (feat. 輪入道)
発売日:2022/4/29(金)

収録曲:
1. 俺は誰だ (feat. 輪入道)
(作詞・FRANKEN、輪入道 作曲・TRIGGABEATZ)
レーベル: BOMB SOUND
ジャンル:J-HIPHOP
各種配信サービス

アーティスト情報

FRANKEN

16歳からマイクを握りラップ歴23年。

フリースタイルを武器にMCバトル、TV等で活躍する傍らラジオのパーソナリティーとしての顔も持ち合わせレインボータウンFM88.5にて自身の番組である日本語ラップ専門番組「SUPA DUPA」を13年間担当、リリースも2006年から現在までに4枚のアルバム、そして記憶に新しい作品ではMSCのPRIMALとの、築地で働く男達の挽歌「夜明け前から」2019年4月に3rd EP「RENASCENT EP」をリリース!2020年には盟友SYKやYOS-MAGとのタッグEPを2作リリース!

更にシングルで黄猿、はなびをfeatに迎え「下町プライド」のリリースや人気セクシー女優あべみかこをfeatに迎え「貧乳行進曲」「STAY POSSITIVE」「シコって寝ろ」の3曲をリリースし好評を得ている!

フリースタイルダンジョンにて2017年「HIPHOP的流行語大賞」を「マジでそうさ」で獲得。
「魚とマイクの二刀流」を掲げこれから更に羽ばたくであろうFRANKENから目を離すな!

主なメディア出演
・フリースタイルダンジョン
(MCバトル、2代目山下新治として出演。更にHIPHOP的流行語大賞を受賞)

・流派-R - テレビ東京
(ピックアップアーティストとしてインタビュー出演)

・ZIP!-日テレ
(魚屋さんラッパーとして出演)

・す・またん & ZIP! - 読売テレビ・日本テレビ系
(神レベルに舌が回る築地の魚屋さんラッパーとして出演)

・バラエティ特番「超舌!トーク匠(Talk Show!!) ~その道のプロの一番ウケる話~」(読売テレビ・日本テレビ系)
千原ジュニア、伊集院光、小池栄子と共演。

・最新トレンド乱キング!リア10 - Tトレンドランキング6位を受賞)
阿佐ヶ谷姉妹と共演。

・かみひとえ - テレビ朝日
(天才小学生ラッパーTAIKIとのMCバトル)

・バカリズムのワンカット紀行 - テレビ東京
(食レポやフリースタイルを披露)

・SONYのインターネット接続サービス・So-netのPR動画のメインに抜擢され出演。

・あらまるNEXT - 荒川TV
(ゲスト出演)

・「TENGA EGG」シリーズの誕生10周年を記念した6種の新ラインナップ発売記念プロモーション動画に出演。
(漢 a.k.a. GAMI(MSC)、TKda黒ぶち、呂布カルマなどと共演)

・「Abema TV」ZEEBRA presents 「MUSIC BOMB」MC カミナリ × ラッパー達による超DOPEトーク & LIVE番組にゲ
スト出演

・「ABEMA MIX」ゲストLIVE出演。

輪入道

平成2年東京生まれ。千葉の埋立地で育つ。
アーティスト名の由来は石ころをダイヤに変えてみたかったから。2007年に活動を開始する。

千葉CLUB BELTのREPRESENT MC BATTLEに17歳で出場し優勝、ラップをはじめて4ヶ月で賞金20万円を手にした。

2008年、関東各地のクラブイベントに出演。年間131本に及ぶライブショーケースを「フリースタイルのみ」でやりきる。

2009年「B-BOY PARK」にLIVE出演。

2010年、MC鬼と鬼一家率いる赤落プロダクションに最年少で所属。2012年の脱退まで活動を共にする。

2013年に自身主宰のレーベル「GARAGE MUSIC JAPAN」を立ち上げ1stアルバム「片割れ」をリリース。

2014年、核MIXやB-BOY PARK FINALなど各地のMCバトルにおいて「6大会連覇」を成し遂げる。年間で合計9大会優勝。

2015年、BSフジの討論番組「長渕炎陣」へ出演。その経緯から「長渕剛10万人オールナイト・ライヴ 2015 in富士山麓」のステージにも立つ。同年末の「罵倒 GRAND CHAMPION SHIP MC BATTLE」で悲願の優勝も果たす。

2016年にはテレビ朝日で放送中の「フリースタイルダンジョン」に初出演。また、選挙管理委員会主催のイベント
「TOHYO都」でのLIVEも注目を集める。テレビ番組「ヨッ!あんたが大賞!」や「NOGIBINGO!」にも出演するなど活動の場を広げる。

2017年、年明けに「KING OF KINGS」で準優勝を飾り、翌月に2ndアルバム「左回りの時計」をリリース。収録曲の「徳之島」はスマッシュヒットとなり7inchシングルも展開する。

自主企画のネット番組「わにゅう道場」をスタート、千葉で開催されたアルバムリリースパーティーも同番組で生配信を行う。また、WREPで開始されたラジオ番組「渋谷WREP学園」にもレギュラー出演する。
更に「フリースタイルダンジョン」第二期の新モンスターとしてレギュラー出演が決定。

年末の特番ではDOTAMA・mu-tonとタッグを組んだ「チーム輪入道」として優勝をおさめ賞金300万円を勝ち取る。

2018年には地元千葉を代表するラジオ局bay fmにて自身の冠番組「暴走ぱんちらいん」がスタート。

同時期にスマホアプリゲーム「覇道任侠伝」とのタイアップによる楽曲とPV制作を指揮し、参加メンバーと共に5月開催された「Tokyo Street Collection」にて1万人の前でLIVEを披露した。
同月にbay fmとのコラボイベント「SEASIDE HOOD」の開催、自身初となる東京での主催イベント「暴道祭」を渋谷O-WESTで行い、ぶっ飛んだ内容で話題となった。

2019年2月、自身初となる客演集アルバム「助太刀」をリリース。続いて3月には3rdアルバム「HAPPY BIRTHDAY」を世に送り出す。
7月にはプロ野球の千葉ロッテマリーンズからオファーを受け応援歌を制作。千葉市の市外局番「043」の背番号のピンストライプユニフォームでZOZOマリンスタジアムでのライブも敢行した。
10月、2年間看板を背負ったフリースタイルダンジョン2代目モンスターを卒業。その卒業制作となる「2代目THEEP」の制作を指揮し、自身のレーベルより配信&CD販売を行う。
2020年3月CLUB CITTA'川崎にて開催された「真・ADRENALINE」MC BATTLEにて優勝を飾る。勢いをそのままに1年ぶりとなる待望のNew Album「光」をリリース。dj honda、DJ OASISら大御所プロデューサーを招き、昇華させた言霊で心にズッシリ響く楽曲達を生み出している。
同年4月、コロナ禍において世界が混沌とする中、自身の想いを綴った楽曲「希望 / ~別所キミヱ×輪入道~」を配信シングルリリース。また、6月には東京を代表するCLUB「VUENOS」が閉店を余儀なくされる中、残された系列店「clubasia」へのチャリティーとして「VUENOS feat.般若」を発表した。同楽曲はワンウェイで数多くのアーティストに歌われ、VUENOSというCLUBを広く語り継いでいる。
7月には「フリースタイルダンジョン」に次ぐ形としてテレビ朝日でスタートした「フリースタイルティーチャー」に出演。
芸人に熱血指導を行った。

そして、観客を入れてのLIVEが出来ない状況を受けて、7月10日に配信LIVE「覚悟決めたら」を企画し、初のワンマン形式でclubasiaのステージにてLIVEを行う。
8月に待望の自伝「俺はやる」を発売。自身の半生を赤裸々に書き記した内容は衝撃的で話題を呼び、Amazonのアーティスト評伝で1位を獲得した。続けて配信シングル「堅気」をリリース。深く刺さるラップで多くのリスナーの支持を得ている。

バトルにおいても精力的に活動し、10月に「凱旋MCbattle東西選抜秋ノ陣2020」に「真・ADRENALINEチーム」として参加し優勝を獲得。同月に大阪で開催された韻踏合組合主催のMCバトル「ENTER」も優勝し、12月に同じく韻踏合組合主催のMCバトル「SPOTLIGHT2020」でも見事に優勝を飾っている。
年末に開催されたUMB2020ではベスト8、2021年に開催されたKOKではベスト4と好成績を残す。

2021年2月、ぴあアリーナMMでのフリースタイルバトル史上最大規模の開催となった「凱旋MC Battle」に参戦、見事優勝を飾り、10月にはRed Bullが主催する世界規模の大型MCバトル「Red Bull 韻 DA HOUSE 2021」に出場し見事初代チャンピオンに輝いた。
振り幅を広げ常に邁進するラッパー「輪入道」から目が離せない。

よく読まれています

-music
-, ,

Copyright© 雑踏ビート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.