【2021年9月】日本語ラップリリース

feature

人気のシリーズになりつつある日本語ラップ最新リリース情報を紹介するこの企画。

今月は一体どのような楽曲がリリースされているのか見ていこう。

頻繁にアップデートされるこの記事をチェックすれば、楽曲の最新情報が確認できるぞ!

【2021年9月】日本語ラップリリース

ここでは、9月にYouTube上にMVがアップされたものの中から一部をピックアップして紹介していく。

8月のリリース記事はこちらから

【2021年8月】日本語ラップリリース

SANTAWORLDVIEW & DJ BULLSET ft. JIN DOGG - FALL DOWN

DJ BULLSETとSANTAWORLDVIEWのコラボに客演としてJIN DOGGが参加した「FALL DOWN」

Jin Doggの低音で安定したhookの聴き心地が半端ない。

DJ BULLSETの哀愁感漂うトラックの上でスローに乗せるSANTAWORLDVIEWとJIN DOGGのverseをぜひ堪能してもらいたい。

hook

If you fall down You can come up again

無駄な時間過ごす暇なんかねえ見回しても嫌な事だらけ

It’s OK I always got your back If I fall down i can go up again

まだ生きているここ大阪で 俺はずっといるよこの場所で また遊ぼう俺たちと朝まで

 

FARMHOUSE - 絵 prod RhymeTube

8月1日に新アルバム「Paddle」をリリースしてから、MV公開の頻度も高いFARMHOUSE。

今回は、新アルバム「Paddle」から楽曲「絵」のMVを公開。

青空の下でラップをするFARMHOUSE。

「このキャンバスが白だった日は遠い」と昔の思い出も振り返るリリックが心に沁みる。

自分の将来に悩んだりしている方には特に心に響くものがあると思う。

It's Finally 何気なく書いていた線は So Naturally 意味を持ち始めた

何気なく 動かす鉛筆 最初はいつも線だった 重なり合い 巡り、絡み合い

気づけば絵になったんだ

Kvi Baba / F**k U & Love U

SoundCloudにもアップロードされていたこの曲がリニューアルして公開。

MVでKvi Babaと歩く犬が可愛すぎる。MVの色合いとトラックの哀愁感がマッチして、より一層Kvi Babaの良さが光る作品に仕上がっている。

ありがとう そばにいてくれて ありがとう 嫌ってもくれて

ありがとう 失望させたね ありがとう 馬鹿らしいけどね

ありがとう 言うんだ一度だけ ありがとう言うんだ何度でも

ありがとう 心はよれよれ ありがとう ありがとう

Young Coco - Insane!!!

Young Cocoの「Insane!!!」

Insaneには正気ではない、狂気などの意味があるが、あえてブレブレの視界をMVで表現することで、この曲の雰囲気を作り上げている。

MVのところどころで、不気味な笑いを浮かべるYoung Cocoの表情など、見れば見るほど、聞けば聞くほどその世界観に惹き込まれる。

She wanna ride wit me (ride with me)

She wanna ride wit me try she wanna ride wit me (ride with me) love loveee

MonyHorse - Speech (Prod. 3ch)

MonyHorseの「Speech」がYENTOWNのYouTubeチャンネルにて公開。

全身白で、拡声器を持ちラップをするMonyHorseがかっこいい。

MonyHorseの独特のフローが非常に癖になる一曲。

これはただの戯言 おれの独り言

おれの心配事よりも まずは自分の心配事

PUPPYDOG - GOING NOW!! feat. Ry-lax & ¥U-$UKII

DJ兼オーガナイザーとしても都内クラブで活躍していたPUPPYDOG、高校生ラップ選手権やUMBにも出場していたRy-laxと、DJ兼ラッパー兼イベンター兼アパレルオーナーの四刀流アーティストである¥U-$UKII が共演した今楽曲「GOING NOW!!」

疾走感のあるMVと、テンポの良い三人のverseに中毒性がある。

Don't give up never ending story 夢のまま

Going Going now 続く Lonely world yeah 続く Lonely world yeah 続くそれでも

FARMHOUSE - SLEEP SLEEP SHEEP

8月にリリースされたFARMHOUSEのアルバム「Paddle」に収録されている「SLEEP SLEEP SHEEP」

人々に眠るために数えられる羊たちの恋模様を独特の視点で歌詞に落とし込んだユニークな楽曲。

MVでは、羊の格好をして羊たちと一緒に撮影を行っている。羊の格好をして紙を食べるなど思わずツッコミたくなる場面があり、このFARMHOUSEの世界観がやっぱり好き!という人もきっと多いのではないだろうか。

僕は172番目の羊 眠る為だけに 数えられる羊 僕の番号まではあと少し

まさに柵を越えようとしたその時 君はsleepin  君はsleepin

ZORN / Stay Gold

横浜アリーナでのライブを成功させたZORNの新作EP「925」収録曲の「Stay Gold」

硬く韻を踏みながらもひしひしとメッセージが伝わってくるZORNのリリック。

日本語ラップの良さが改めて感じられる圧巻の楽曲だ。

俺は仲間の誇り 俺も仲間が誇り 大事なものは最初からここに ずっとガキ

俺は仲間の誇り 俺も仲間が誇り 大事なものは最初からここに

ずっとガキのままいたい ありのままいたい Stay Gold

GADORO「Hot Town Blues -Remix- feat. 漢 a.k.a GAMI. CHEHON. Under20Hz.」(Prod. by Mr.Tosh)

GADOROの楽曲に漢 a.k.a. GAMIとCHEHON、Under20Hzが客演として参加。

Mr.Toshのトラックの上で、4人が心地良いハーモニーを生み出している。

MVの路上に入ると人が入れ替わるという粋な演出もかなりかっこいいのでぜひチェックしてもらいたい。

生きるも死ぬもこの場所で 出逢った人達も何かの縁で

帰る場所が無い事が一番辛い だからいつも遊んでくれてありがとう

Hot town blues

Yurufuwa Gang - Ying Yang

ゆるふわギャングの新曲「Ying Yang」

曲のタイトルは中国語で「陰(ying)陽(yang)」

その証拠にMVの初めの部分でも、陰と陽のマークをスプレーで描いている。

少し不気味な雰囲気の中でクオリティの高いラップを見せつけるところがゆるふわらしい。

Kojoe - notal right

Kojoeが公開した「total right」

シンプルなビートの上で、英語と日本語を織り交ぜたフロウがとても聴き心地が良い。音域の広さや声の声量の緩急など魅力が詰まった一曲に仕上がっている。

13ELL - "Memories"

13ELLの新作EP「WAY i AM」に収録されている「Memories」

トラックはおそらくJennifer LopezとLL Cool Jの「ALL I Have」をサンプリングしたものだろう。

自然の中で最大限に自分を表現したリリックがとてもかっこいい。

Dowg, TRILL DYNASTY & Lunv Loyal - Tunnel Vision

Dowg、TRILL DYNASTY、 Lunv Loyalの楽曲「Tunnel Vision」

なめらかなフロウとトラックが融合し、聴き心地が良い。トラックの重低音の位置が絶妙でついつい首が振れてしまう。そんな楽曲に仕上がっている。

LIBRO "小道を行けば"

LIBROの新アルバム「なおらい」に収録されている「小道を行けば」

LIBROの日本語の使い方もまた独特で、音と一つになって耳に入り込んでくる感覚がやみつきになる。

何気ない日常の風景を切り取ったMVが美しく、心が浄化されるような気持ちになる。LIBROにしか出せない聴けば聴くほどその良さにどっぷりハマっていくそんな楽曲だ。

JUBEE - Mess feat. HIYADAM

ハイテンポのトラックとビートに加えてぶっ飛んだ世界観のMV。中毒性という言葉がこれほどまでに似合う楽曲はないだろう。

HIYADAMの早口かつなめらかなフロウが非常に気持ちいい。

We are 舌肥えたラッパー 破るテーブルマナー

食い散らかしてる 全部平らげな New type of flavor

Young Yujiro Ft. Well-Done, ILLNANDES, S-kaine, DJ BULLSET - 風の時代/Wind Era

Young YujiroがWell-Done、ILLNANDES、S-kaineを客演に迎え新曲「風の時代/Wind Era」をリリース。

ダークな雰囲気のあるトラックの上で吐く言葉一つ一つが渋くてかっこいい。

首を振らないほうが難しい最高にクールなマイクリレーをぜひ一度聴いてみてほしい。

KOHH - Taiyo (Remix) feat. LEX

KOHHとLEXのコラボ曲「Taiyo」

あの子まるで太陽  直視できないほど眩しくって最高
帰りたくないと思ってる二人とも  しちゃうかも火傷

KOHHのストレートな歌詞がとても良い。そこにLEXの天才的な音楽性が加わることによってまた一味違う楽曲に仕上がった。

相変わらずだが、KOHHのMVに登場する女の子は毎度のことながら可愛い。

Nakid Fact REMIX feat. 漢 a.k.a GAMI .般若

Red Eyeと漢 a.k.a GAMI、般若のコラボ。

まだ若いのに、漢 a.k.a GAMIや般若、ANARCHYやJIN DOGGなどのラッパーとコラボし続けるRed Eyeには驚かされるばかりだ。

15.16で月に3桁以上 1人で吸い込んだ  17.18では音楽で月に3桁以上
稼いでるその場しのぎじゃないさ  言葉要らず毎晩
知りたかったんだろ?  俺が何をしてきてここまできたか

19になったらMC漢と 般若とClassicを残す今は

19歳で数々の大物とコラボし続けClassicを残す姿はまさに「LIVING LEGEND」という名にふさわしいのではないだろうか。

ぜひ、Red Eyeの2ndアルバム「LIVING REGEND」をチェックしてもらいたい。

Deep Leaf - Mean (feat. still)

福岡の注目HIPHOPクルーDeep Leaf

2021年の台風の目になると期待されるDeep Leafの「Mean」は、「生まれる場所は誰も選べない」

という尊敬するANARCHYのサンプリングを行っている。

生まれた時点で意味はなかった 自負する為に自分を固めた

1人の夜柵抜け出す街頭 白紙のノート譲れないえんぴつ

思いのままに描き下ろしたリリックをそのままトラックに乗せている感じがよりリアルを感じさせる今楽曲。

これからのDeep Leafの活躍からも目が離せない。

Jin Dogg - One Love"32" (Prod by FEZBEATZ)

不穏なトラックの上で、JIN Doggのフロウが炸裂する。

渋くてかっこいい JIN Doggの姿に思わず心を奪われるあっという間の2分半だった。

本家Nasの「One Love」もかっこいいので、ぜひこの機会にチェックしてみてほしい。

AI jacky - " What's up? "

今HIPHOPシーンで勢いに乗る若手と言えばAI jackyの名前を挙げる人もいるのではないだろうか。

特にこの楽曲「" What's up? "」はまさにその勢いを体現した一曲だろう。

この曲はhookが何パターンか準備されていて、様々なビートアプローチを行っていることがわかる。

フットなワークでグッとリラックス goodなshitでまたぶっ飛びます

what's your name?ってもうわかんじゃね?俺が令和のyoung gun A.I.J

これがbest rapですよ besと5(S)を聴いてりゃ言うぜyesと

気の抜けたクソなゲスト これ聴いてウエストの帯締めろ 俺のラップを噛み締めろ

 

ベゲfastman人 / DRUGCHA

福岡県北九州市を拠点として活動しているクルーペゲfastman人。

MCバトルイベントに露出も増えていたMaijiの所属するクルーでもある。

Hookのフロウがとても気持ちよくて一度聴くと病みつきになってしまう中毒性がある。

このかっこよさに、少しポップなMVが組み合わさりペゲfastman人独特の色を表現している。

よく読まれています

-feature

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.