【2021年7月】日本語ラップリリース

feature

オリンピックも開催されあっという間に過ぎていった7月。

今月も多くのアーティストが楽曲をリリースした。

今回は、7月にどんな曲がリリースされたかおさらいしていこうと思う。

【2021年7月】日本語ラップリリースまとめ

今回は、7月にYouTube上にMVがアップされたものの中から一部をピックアップしてご紹介していく。

AI - 「THE MOMENT feat ¥ellow Bucks」

AIと¥ellow Bucksのコラボ楽曲「THE MOMENT 」

¥ellow Bucksのスキルフルはラップにhook部分にAIの歌唱力で畳み掛ける。

毎日 Hard Work (Hustlin' in the moment) 疲れた顔はしまおう

もっと大事にLIVE LIFE (Livin' in the moment) 今を離さない yeah

ただ感じてGOOD VIBES (I feellin' the moment) 心配はいらない

太陽の下で (Say My Name) Yea 返すよ愛で

きっとこの前向きな歌詞に励まされる人も少なくないだろう。

MVにも二人の魅力がたっぷり詰まっているので、ぜひチェックして欲しい。

MIYACHI - KANSAI LIFE

MIYACHIが7月6日にシングル「Kansai Life」をリリース!

関西でのMIYACHIの日常を以前よりも日本語の比率を増やしてラップで歌っている。コメント欄は日本人以外の人からもたくさんコメントされていて、世界中からMIYACHIが注目されていることがわかる。

この曲を聴いているだけで本当に「気持ちがいい」ので、ぜひ聴いてほしい。

18scott - 街風 (Prod by jaff)

以前からLIVEなどで18scottが歌っていた「街風」がついにMVとして公開された。

ファン待望のMVは、ところどころLIVEの映像と音声が重ねられていて、より心にグッと来る。

MVには、in-d,NF Zessho,Aru-2など、18scottの多くの仲間が出演している。

足が速くなる気付きゃ学年の中でも5本の指に入る程

まじで景色が変わる俺も調子乗っちゃって怒られたっけ

なあ強くなった気がした自分が もっと強くなりたいと 願って

聴いた音楽はきっと周りのヤツよりも少しだけかっこよかったんだ

SANTAWORLDVIEW & DJ BULLSET - FLAME

SANTAWORLDVIEW×ブーンバップにハズレ無し。

いつもとは異なり敢えてゆっくり目に発声することで、より一層リリックが心に響く。

SANTAWORLDVIEWの器用さと渋さを改めて実感できる一曲。

KM - MYPPL (feat. Daichi Yamamoto)

KMが6月9日にリリースしたアルバム「EVERTHING INSIDE」からDaichi Yamamotoとの楽曲がMVとしてYouTubeに公開された。

おしゃれなKMのトラックにDaichi Yamamotoの声が絶妙にマッチし、とても心に染みる。KMは、Daichi Yamamotoの最新アルバム「WHITECUBE」のエンディング曲「Testin」もプロデュースしているので、合わせてチェックすべし!

TEN'S UNIQUE - DASH

TEN'S UNIQUEらしさ全開の「DASH」がMVとして公開。

MVでは、曲名通りダッシュしながら全力でラップしている。

聴いているだけで思わず心拍数が上がってしまうような興奮と、爽快感が味わえる楽曲だ。

駆け込みフルダッシュ まきちらすこのウィルス

ロッケットみたいにかっ飛ばす 風をきる姿まるでジャッキーチェーン yo

君これ聴いて突っ走れ 心臓の動きが早くなっても Backに後戻りはしないで OK? Everybody say Yeah ララララララララランラララン

週末CITY PLAY BOYZ / THIS IS LOVE

心地いいトラック、聴き心地のいい歌声、フロウ、週末CITY PLAY BOYZの良いところが詰まった一曲が、MVになってYouTubeに公開。

愛について、考えさせられる一曲。

THIS IS LOVE × 4 愛を知ったふりで声を 枯らしてる今日も

あなたの事を想ったら死にそう THIS IS LOVE × 3

MonyHorse - Do it feat. Kenayeboi (Prod. 3ch & Hawo Beats)

MonyHorseとKenayeboiが共演した楽曲がYENTOWNのチャンネルから公開!

中毒性のあるMonyHorseの独特のフロウと、Kenayeboiのびーとアプローチにも注目してほしい。

MVにスケートを取り入れることで、より一層二人の魅力が伝わるようなMVになっている。

ANARCHY - 奇跡

ANARCHYが6月にリリースしたアルバム「NOISE CANCEL」から「奇跡」がMVになって公開された。

JESSEとANARCHYが座りながら歌うMVがかっこよすぎる。

シンプルなトラックなだけに、ANARCHYのまっすぐで熱いリリックが心に刺さる。

信じられない事 信じてみよ 笑われてもいいから

信じられなくなったら 寂しくなるだろ 今日は駄目でも明日勝つんだろ

負ける気がしねーよ ビビってないでビッとしてみせろよ 俺の仲間だろ

鈴木真海子 じゃむ (feat. iri)

鈴木真海子とiriが共演。ファン待望のコラボが遂に実現した「じゃむ」

心地いいトラックの上で、鈴木真海子とiriが奏でるハーモニーが最高に気持ちいい。

ついつい口付さんでしまうほどの心地よさを一度体感してもらいたい。

青い夏にぴったりな心が穏やかになる一曲。

GeG / LIFE IS GOOD feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE, Rin音

Hiplin、VIGORMAN、Rin音、SNEEEZEなどの次世代の音楽シーンを引っ張っていく人気アーティストによるが、GeGのビートの上でマイクリレー。

GeGがプロデュースする作品のMVは毎度出演する女優さんが可愛いことで話題になるが、今回のMVも、総フォロワー数250万人の美女莉子(りこ)さんが表現力抜群の演技でMVに華を添えている。

また、MVには唾奇が出演しており、コメント欄では「唾奇の使い方が贅沢」と多数の声があがった。

DJ CHARI & DJ TATSUKI - Sugar feat. 瑛人 & Yo-Sea

「君のドルチェ&ガッバーナの その香水のせいだよ」の楽曲「香水」でも話題になった瑛人が、Yo-seaとともに、DJ CHARI & DJ TATSUKI のトラックの上でその歌唱力を披露。

この意外な組み合わせを誰が予想できたのだろうか。

瑛人もすごいが、Yo-seaのさすがの安定感にもぜひ注目してほしい。

VaVa - Minecraft

7月23日にリリースした新作シングル「Minecraft」がMVとしてYouTubeに公開。

カッティングギターと鍵盤の絡む爽やかなミッドテンポに仕上がった今楽曲は、J-POPシーンでも広く活動しているプロデューサー・2futureanthem氏との共同制作。

ステーキよりサラチキがいい ハイブラよりおさがりがいい

できれば変わらずに 築く My My My Minecraft

VaVaのリリックは本当に心に染みる。

VaVaのマインドが凝縮されたこの楽曲に共感できる人はきっと少なくないだろう。

Good Gas & JP THE WAVY – Bushido

アクション映画好きなら誰もが知ってるあの映画ワイスピシリーズのサウンドトラックに、アジア人として唯一選ばれたJP THE WAVYの渾身の一曲。

実は、ワイルド・スピードシリーズに日本人が抜擢されるのは日本を舞台とした『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(06)以来!の快挙。

MVでは、TERIYAKIBOYSのステッカーを渡すシーンも有り、ファンの心をがっちりと掴んだ。

Made in Fujiyama の Bushido 俺 Sippin’ sake in Tokyo,

I got a vision, oh JP Trap Flow KARATE & JUDO

首都高で爆音で走る俺は中毒 Woah Yeah I got a drip, like kimono (Yeah)

Campanella - Puedo feat. KID FRESINO (Prod by Ramza)

Ramzaのトリッキーな難しいトラックを軽快に乗りこなすCampanellaに度肝を抜かれる人も少なくないはずだ。

KID FRESINOのフロウも鳥肌モノで、究極と究極が合わさった新感覚。

MVにはNEIも出演しており、二人が似ていることから、KID FRESINOと見間違えたなどのコメントが相次いでいる。

BEST PARTNER feat. CHEHON & ジャパニーズマゲニーズ / LIFESTYLE

LIFE STYLE名義のニューアルバムWIZ LIFEから 『BEST PARTNER feat.CHEHON, ジャパニーズマゲニーズ』のMVが公開。

懐かしさを感じてしまうギターのトラックに、周りの友達や、家族など大事なパートナーに向けての感謝の気持ちをストレートに歌い上げている。

CHEHON, ジャパニーズマゲニーズ、それぞれのらしさが出た一曲は、最高にかっこいい。

言う事ない完璧100点 心地良い そして気持ちいい

もしも願いが叶うなら できれば俺より先に死なないで

KOJOE - GOLD (Official Video) beats by NARISK

ラッパーKOJIEとビートメイカーNARISKがウィルチェアーラグビー日本代表応援ソングとして制作した楽曲。

二人は、「パラスポーツ」の発展と魅力を発信する<GOLD PROJECT>に賛同し、実際にウェルチェアーラグビーを体感し選手たちと交流しこの楽曲を制作したという。

勇気がもらえ、気合が入るだけでなくKOJIEの渋さを改めて感じさせられる楽曲に仕上がっている。

LEX, Only U, Yung sticky wom - STRANGER

LEX, Only U, Yung sticky wom の三人がリリースした最新EP「 COSMO WORLD」から、「STRANGER」がMVとして公開。

一度この曲を聴くと、曲中で繰り返される「不思議な人なのね」というフレーズが耳から離れなくなってしまう。

思わず首が振れてしまうこの楽曲をぜひ堪能してほしい。

C.O.S.A. - Cool Kids

C.O.S.A.の地元知立の何気ない景色を撮影したMVも相まって、リリシストC.O.S.A.のリリックが心に染みる。

知らず知らずとすり減る 心は消耗品 誰だって同じ

傷付けた分 倍で傷付く 気にしないことができれば悩まずにいる

まだ手探りのcool kids

地元への愛も伝わってくる上に、C.O.S.A.の渋さに思わず聞き入ってしまう。

DJ RYOW - W.T.M.F.N? feat. ¥ELLOW BUCKS, SOCKS

TOKONA-XをHookとして活用したこの楽曲からは、TOKONA-Xへのリスペクトが感じられる。

¥ELLOW BUCKSの次世代はおれのことだ。というリリックが痺れる。

誰のお出まし?こちとらヤングトウカイテイオー

オレが舌転がすまずは 今更知らねえなんて言わせねえ

騒がせてる世間 次世代はオレのことだ

SOCKSのTOKONA-Xとのエピソードをそのままリリックにした歌詞など、ヘッズにはたまらない一曲となっている。

Awich - GILA GILA feat. JP THE WAVY, YZERR (Prod. Chaki Zulu)

ChakiZuluの不穏なビートの上で、ラスボス級の三人がバースをキック。

先日AwichのInstagramでは、JP THE WAVY、YZERRの3ショットが公開され、1万コメントを達成したら、MVを公開するというメッセージをポストし、ものの1時間で達成され、公開に至った。

YZERRのバースにYentownのワードや、JP THE WAVYの楽曲「Pick N Choose」を思わせるフレーズから、二人に対してのリスペクトが感じられる。

Tsunami Wavy 街に降らすYen

まるでピカチューピカピカすぎ痺れさせるチェーン

Kvi Baba / Fool in the Moon

Kvi Babaが7月30日にリリースしたEP「Toge ni Bara」から収録曲「Fool in the Moon」が公開。

今夜は馬鹿になって踊っていたい 混乱の中にいたって踊っていたい

今夜は馬鹿になって朝まで無邪気になる

今夜は馬鹿になって踊っていたい 混乱の中にいたって踊っていたい

酔いが覚めるまでの間 今はDancing in the Moon

辛い時に、たまには息抜きしようと勇気をもらえる一曲になっている。

MVに登場するKvi Babaの横顔がかっこよすぎると話題になっており、この曲がこれからますますKvi Babaの人気に火がつくきっかけになるかもしれない。

8月の楽曲にも期待!

いかがだっただろうか。

高頻度で心に沁みる楽曲をリリースしてくれるアーティストに感謝して音楽を楽しんでもらいたい。

8月のリリース情報はこちら

【2021年8月】日本語ラップリリース

夏シーズン到来。猛暑日が続く今年の8月。近年のHIPHOPシーンも今年の夏に負けないくらい盛り上がっている。 今回も大好評の7月版に続いて、8月にMVを公開したアーティストたちの楽曲を紹介していこうと ...

続きを見る

よく読まれています

-feature
-, , , , , , ,

Copyright© 雑踏ビート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.