MC BATTLE & MUSIC WEB MAGAZINE

雑踏ビート

フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン pekoが崇勲&輪入道に挑む!ブラックモンスター晋平太も準備満タン!

投稿日:2019年3月31日 更新日:

フリースタイルダンジョン peko
ブラックモンスターvs2代目モンスターの戦いが繰り広げられているフリースタイルダンジョン。前回は、SAMが宿敵FORKを倒すものの、崇勲にあと一歩及ばず敗戦。これにより、ブラックモンスターはpekoと晋平太の2人になったわけだが、そんな今回は以前ラスボス般若まで勝ち残った経験を持つpekoが登場する。果たして、あの時のようなバイブス全開のpekoを見れるのだろうか。それでは、今回のフリースタイルダンジョンの模様をお届けしよう!

pekoは絶好調の崇勲を倒せる?

フリースタイルダンジョン peko
梅田サイファー出身のpeko。もはや伝説化となりつつある般若戦のバトルは、フリースタイルダンジョンのベストバウトとも言える内容だったが、今回ブラックモンスターとして参戦した理由を「般若と戦えるのはダンジョンしかない。もう一発プロップスを得にきた。」と述べ、更なる進化を求めて再びダンジョンにやってきた模様。
フリースタイルダンジョン peko
また、崇勲に対して「戦い方が読めないが、テクニックで圧倒するしかない。」と語り、大好きな崇勲への戦い方に四苦八苦しているようだ。
一方で崇勲は「正面から突き破るかいなすか、会場の空気感も見つつ戦っていく。」とコメントし、pekoへのアプローチ方法を探っている様子。

両者ともに戦いにくそうなコメントを残しているが、どんな戦いになるのか。pekovs崇勲のバトル内容をプレイバックしていこう!

14thBATTLE ROUND1

フリースタイルダンジョン peko
バトルビート「Ace Hood/Hustle Hard ft. Rick Ross, Lil Wayne

【peko】
レペゼン ブラックモンスター俺がpekoリン
相手が崇勲 全力でデコピン

俺がモンスター それおごり
俺が持ってんのは誇り
名を刻みに来たんだよ ここに
鳴かないならぶち殺してやんのがホトトギス
リスナーちゃんとlisten
今日は勝つって決まってるんだよ
俺は背中のCOCOLOに

【崇勲】
俺も持ってんのは誇り
これ踊り
今日は大トリ 般若までは回させない いつも通り
Rollin' Rollin'回っていく

頭の回転止まんないサイエンス これは科学じゃ解明できない
俺の脳内 Alltime It's showtaime
peko 処刑処刑

【peko】
Showtimeならだいぶ前から始まってんのに
全然エンジンかかってないのにRollin' Rollin'
俺なら いつでもDream drive まるでSOUL'd OUT
アアララァ アアァ
頭ん中バグりまくってる Mother◯◯◯か?
適当にこなしてくか
倍速のフロウで俺に勝てると思ってる時点で甘すぎんだよ
髭剃ってこいや まずはテレビ出る準備もできてないのか?
俺ならいつでもバイブス満タン チェックしときな p.e.k.o.
名前を刻みに来たぜフリースタイルダンジョン

【崇勲】
じゃあ倍速やんの止めた
ゆっくりラップやってみようか
俺の髭は剃れません
お前の話が逸れたぜ
関係ないぜ 顔面の話
倍速でやっちゃったあ あ
仕方がないな 笑ってくれみんなハッハッハ
言葉マジで頑張るさ 俺が倒す
晋平太を出しな

pekoの挑戦が始まった第一ラウンド。まずはpekoが「レペゼン ブラックモンスター俺がpekoリン 相手が崇勲 全力でデコピン」と崇勲を挑発。これに対し、「今日は大トリ 般若までは回させない いつも通り」と崇勲も引かずにアンサーを繰り出す。が、やはりpekoのペースに持って行かれたせいか、後半はややギャグ線で攻めるようになってしまい敢え無く撃沈。

結果 3:2でpekoの勝利

14thBATTLE ROUND2

フリースタイルダンジョン peko
バトルビート「Kill Me / WILYWNKA

【peko】
予測不可能な角度から果ての果ての方
全員で言わせるぜSayho
これが沸かせ方 分かるかな 崇勲に一撃必殺食らわす

まるで充満する有毒ガス 今晩の注目株
一撃必殺つまり豪鬼 瞬獄殺

【崇勲】
2本目になってんのに一撃必殺アハハハハ
笑けてきちゃう お前の話の矛盾も突いてく言葉

ビートに従順に合わせてラップショー
両耳にピアス 顔も格好いい
やっぱりコンプレックス持ってる俺
だけども商売道具はこれ

【peko】
分かってる コンプレックスが武器になる
だからラップする為クリミナル
クリティカルヒット出してく
俺がヒットマン100%目掛ける
てか負けすぎ危機感足んない
俺いつでもKeep One hundred
100度の温度でダンジョンに再登場
MCの最高峰

【崇勲】
MCの最高峰
嘘つくんじゃねぇよ馬鹿野郎
こんなとこで負けちまう負けすぎな俺
まぁ仕方ねぇ
でも楽しくなっちまうから こんなラップショー
だったら俺はプロじゃないのかも
だけれどやっぱりラップは楽しい
そういう気持ち一番大事

pekoの優勢となる第二ラウンド。こちらもビートのサンプリング「予測不可能な角度から果ての果ての方 全員で言わせるぜSayho」を繰り出し、先行として会場のボルテージを上げたpeko。その後も「まるで充満する有毒ガス 今晩の注目株 一撃必殺つまり豪鬼 瞬獄殺」と見事なパンチラインを放つ。これに対し、「2本目になってんのに一撃必殺アハハハハ 笑けてきちゃう お前の話の矛盾も突いてく言葉」と崇勲も矛盾感ある言葉を拾うが、pekoよりも勢いが足りず...。

結果 4:1でpekoの勝利

pekoの次なる相手は輪入道

フリースタイルダンジョン peko
さぁ、崇勲を蹴散らしたpekoの次なる相手は、以前にもアツすぎるバトルを展開した輪入道!この2人といえばケンカ腰スタイルで戦う姿が見ものですが、今回輪入道は「前回は取り乱した。志を見失った試合。今回は志をブラしてしまった部分を頭に置いて戦いたい。」と述べており、前回の敗北から得た反省点を生かしてpekoに挑むようだ。
さぁ、因縁の対決となるpekovs輪入道、結果はいかに...。

15thBATTLE ROUND1

フリースタイルダンジョン peko
バトルビート「Tyga - Rack Cityhttps

【peko】
これ いわゆる武者震いしてきてるぜ
思い出した一年前
その目つきで俺睨んできて敗退したけど
あの時から変わってない

俺は若手じゃないお前より年上
だけどチャレンジャースピリット持ってきたぜ
受け取りな輪入道
あの時以上の試合にしような

【輪入道】
あの時以外の試合にしようぜ
もちろんそれしか俺も考えてねぇ証明
あん時は俺だって中途半端だった
ステージの上に立ちゃ「アンタ」って言うのにな
あん時は「お前刺せコラ刺せコラ」
ダサすぎて屁が出たぜ
俺は今日 お前を目掛けたぜ
もうねぇよ 色眼鏡はね

【peko】
色眼鏡はねぇ 2度目はねぇ戦いだから
俺もお前の言ってる通り
あの時は俺も「刺す」なんてダセェ言葉言った
だからパンチラインで打ち砕くために来たぜ
こういうバチバチの戦いがしたかった
お前の出すアルバムも楽しみだけど
まずは超えさせてもらう

【輪入道】
あくまでも言ってやるぜ 打ち砕かれた
何度もその度にもう言う「疲れた」
それでもまだ死を迎えない分かるか
女にフラれた?それより比べたい
俺はお前と この心の中にある一番深い所
武者震いしてる?立たせる鳥肌
これが千葉県の言葉の取り方

バッチバチの展開が予想される輪入道戦。まずは「これ いわゆる武者震いしてきてるぜ思い出した一年前 その目つきで俺睨んできて敗退したけどあの時から変わってない」とpekoが輪入道に仕掛ける。これに対し、輪入道は「あん時はお前刺せコラ刺せコラ ダサすぎて屁が出たぜ」と2人にしか分かり合えないライムを繰り出し、気合いの違いを見せつける。その後も輪入道のバイブスが勝り、第一ラウンドは輪入道の勝利。

結果 4:1で輪入道の勝利

15thBATTLE ROUND2

フリースタイルダンジョン peko
バトルビート「ラストエンペラー/K DUB SHINE

【peko】
さっきのバースで立った鳥肌
ビートにまずはこんな乗り方
イカれたフロウの崩し方
クローズで言うなら漆原みたいな膝蹴り食らわしてくぜ
お前のパンチラインいつも響いてる

リリックに変えるぐらい
このバトルを全国放送で流してやんぜ

【輪入道】
全国放送 全力モード 遠慮はねぇよ
フロウの崩し方 お前よりHighだ
ファイヤー燃え上がってる

全部の旗真っ赤に染めてやる
俺である事を誇る
そういう奴らが最後に残る

【peko】
俺もしないぜ遠慮
ダンジョン来たらいつでも勉強
エンジョイじゃねぇ
俺の魂の叫びここで熱唱
Yes yes y'all to the beat y'all
Here we go 乗せてくぞOK?
倒すぜ 魑魅魍魎
俺はイカれてる男 肉切り包丁

【輪入道】
肉切り包丁は京都
俺ならレペゼン房総半島
いつも好感度気にしてたら 無理だから
評判もないような所
まるで千葉なら常磐道
All night long 冗談っしょ?
この程度じゃ無理だぜターンテーブル
FreakyFreakyFlow 足りない完成度

pekoが巻き返しできるのか注目を集める第二ラウンド。「クローズで言うなら漆原みたいな膝蹴り食らわしてくぜ」「お前のパンチラインいつも響いてる」とpekoの独特なワードに対し、「全国放送 全力モード 遠慮はねぇよ フロウの崩し方 お前よりHighだ」と輪入道も負けずに応戦。その後、pekoがクラシカルなパンチラインを繰り出すも、輪入道もそれを上回る味のあるライムを展開!これには会場のオーディエンスも武者震いしたはずだ...。

結果 クリティカルヒットで輪入道の勝利

来週はいよいよ晋平太がダンジョンステージに!

フリースタイルダンジョン peko
ハイセンスな戦いを見せたpeko。惜しくも負けてしまったが、ブラックモンスターとして申し分のない振る舞いと独自のスタイルをダンジョンで再び観れたのは一ファンとして嬉しかった所。さて、残るブラックモンスターは晋平太のみ。残る2代目モンスターは4人となるが、ここからどんなドラマを展開してくれるのか今から楽しみで仕方ない。来週のフリースタイルダンジョンを見逃すな!!

-フリースタイルダンジョン
-, , , ,

Copyright© 雑踏ビート , 2019 All Rights Reserved.