MC BATTLE & MUSIC WEB MAGAZINE

雑踏ビート

フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン 呂布カルマ VS じょう「HIPHOPってやつは内から殺しにやってくるぞ」

投稿日:2017年11月29日 更新日:

フリースタイルダンジョン シーズン4 Rec4-4。

チャレンジャーはじょう。
前回、ACEを1st.ラウンドでクリティカルで下し、次の相手は門番、呂布カルマ。

>フリースタイルダンジョン じょう vs ACE「明るい未来は手の中に」

SPOTLIGHT2015では呂布カルマに一足及ばなかったじょうだが、今回見事リベンジを果たせるか?

呂布カルマとじょうの一戦にフォーカスをあてる。

呂布カルマ vs じょう(1st.ラウンド)

先攻呂布カルマ、後攻じょう。

 

〔呂布カルマ〕
冗談キツいぜ会場
コイツやたらとフロウつけたがるが
頭からケツまで調子外れ
それ評価すんのとかどうなの
高校生RAP選手権上がりの奴
皆ケツ上げるあのフロウやりたがるよな
もうそういうの大人の世界じゃ通用しないって教える所
ぼっちゃん じょうちゃん

 

 

〔じょう〕
ハッ またこれかよ ハッ またこれかよ
メディアHIPHOPどうのこうの言っといて
嫁と子どもおったらモンスターなんのかよ
ハッ またこれかよ ハッ またこれかよ
昔はフル装備で塾講師してたくせに
今じゃ二流のアイドルと写真撮ってフル勃起

 

呂布カルマ、じょうのクセのあるフロウいじりから定番の高ラの下り。
「もうそういうの大人の世界じゃ通用しないって教える所/ぼっちゃん じょうちゃん」→じょうの名前からお子ちゃまの意味を含ませるダブルミーニング。

 

 

じょうの1バース目は最後こそしっかりしたDisを入れたものの、1バースの半分に「ハッ またこれかよ」を入れ込んじゃうのは小節がもったいない。
呂布カルマはラッパー1本で食っていく前は個別塾で塾長してたんですよね。
その過去とグラビア好きを露呈してる現在のギャップ差にDisを入れた感じです。

言うなれば過去は聖職に就いてたのに何だ今の状態?ってとこでしょうか。
呂布カルマのTwitterではグラビアいっぱい見れるので男性諸君はチェックしてみてください。

 

 

〔呂布カルマ〕
俺お前にフル勃起見せた覚えねぇけど
俺がフル勃起したら画角に収まんねぇけど
お前舐めたこと言ってんじゃねぇぞ
嫁と子ども背負ったモンスター
お前何にも背負ってねぇもんな そりゃやりたい放題だわ
俺は負けらんねぇ 教えてやる大人のやり方
HIPHOPってのはここの事だ

 

 

〔じょう〕
よく大人の奴は 下の奴見たら
何も背負ってねぇとかどうのこうの言ってるけど
俺がどういう覚悟でこの舞台に立ってるか
おっさんには未だに1つも分からんらしいな
どういう立て方 中指立て方 違うんだよな
立てる中指 いぶし銀ならば剛長渕

 

呂布カルマ、2バース頭はじょうのDisを受け入れつつもアンサーを屈折したパンチラインで返し会場を盛り上げます。
後半はまるで「守るべきものがあるから強いんだよ」と1人じゃない強さを教示するように説く。

じょうもしっかりそれにアンサーし、個のラッパーとしてのプライドを持って勝負してる感情をぶつけます。
5小節からは呂布カルマがよく言う「韻の弾み」でボヤっとした感じになってしまった。

3:2、勝者呂布カルマ。

呂布カルマ vs じょう(2nd.ラウンド)

先攻呂布カルマ、後攻じょう。

 

〔呂布カルマ〕
言っといてやる剛長渕はキラーフレーズ
裏がピリつくから名前は出すな
お前若手だからフレッシュさ売りたいのか?
それともいぶし銀なのかどっちかにしろや
どっちつかず お笑いやりてぇのか
HIPHOPやりてぇのか
メンヘラなのか がっちり決めてぇのか
はっきりしねぇから
そういう奴は一息で吹き消すぜ

 

 

〔じょう〕
Do you know? mother fuckers 時は経った
津々浦々何しようが構わんだろうが
お前の地元の名古屋の先輩だろ
掲げろ T-X T-X
いらねぇ発言 ここでもてなすぜ
新モンスター 2軍の寄せ集め
ならかかってこい アホ ボケナスめ

 

 

1st.ラウンドのラストフレーズ"長渕/いぶし銀"をきっちり拾い、輪入道への下りも逃さず、韻の弾みから出た「いぶし銀」に言及。
「フレッシュさ売りたいのか?それともいぶし銀なのか?」ド正論でぶっ刺しにいき、バトルスタイルが変幻自在でトリッキーなじょうに対し「ブレブレだから確立できてないやつはここで消す」といったニュアンスで徹底的に攻める。

 

じょうはビートの"WHO ARE U?"のサンプリングからスタートし、同曲の"津々浦々"というワードまで引っ張ってくる。
(※原曲は"Begin on mother fuckers")

地元のレジェンドのビートなのにリスペクトがまったく込もってないことを揶揄するようにスピットし「新モンスター 2軍の寄せ集め ならかかってこい アホボケナスめ」とライミング込みでパンチラインを返す。

 

 

〔呂布カルマ〕
ええなぁ 大阪の先輩優しいから
俺名古屋の怖い先輩 名前なんか出せない
お前は怖さがわかってない
HIPHOPってやつは内から殺しにやってくるぞ
俺は名古屋の先輩とは関係ないところでマイク握ってる
WHO ARE U? お前俺とは分が悪すぎる
じょう 消えとけよ
お前そこら辺にいるガキと一緒

 

 

〔じょう〕
大阪の先輩が怖くねぇ訳ねぇだろ
いろんな環境で揉まれまくってやってんだよ
普段俺みたいないじめられっ子が
このステージ立てる訳ねぇだろ
気張ってやってんだよ こちとら
新モンスター強すぎる 違う
俺以外のチャレンジャーがクソ過ぎる
それだけ 凄過ぎる
俺の腹わた中なら黒過ぎる

 

 

今でこそHIPHOPシーンが以前よりもポピュラーなものになり、演者もアーティスト性が強くなりましたがTOKONA-Xが全盛期の頃は名古屋のシーンはバチバチだったそうですからね。
「客層も怖くてどっちが演者かわかんない」みたいなことを呂布カルマがいってたのを目にした記憶があります。

そういった面での「お前は怖さがわかってない HIPHOPってやつは内から殺しにやってくるぞ」というフレーズは重いパンチライン。

 

対するじょうも「大阪の先輩が怖くねぇ訳ねぇだろ」「普段俺みたいないじめられっ子がこのステージ立てる訳ねぇだろ」と感情込めてスピット。
じょうも"目には目を"でモンスターへのDis+パンチをしっかり打ち返す。

 

結果4;1、勝者呂布カルマ。

経験からにじみ出る内容の濃さと徹底としたロジカルなフレーズで呂布カルマが1歩上回った結果に終わりました。

冒頭にじょうが時計を見ながら「(時間押してるけど2nd.バトル)やります」というフリに対し、ジブさん「巻きでいきましょう」って乗ったのが呂布カルマによって現実化されちゃいましたね。

門番強すぎ・・・

次のチャレンジャーはハハノシキュウ。
まさかダンジョンに出るとは・・・!

>フリースタイルダンジョン ハハノシキュウ vs 輪入道「コンクリートミキサーに突っ込んでくだばれ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

The Cool Core [ 呂布カルマ ]
価格:2002円(税込、送料無料) (2017/11/29時点)

-フリースタイルダンジョン

Copyright© 雑踏ビート , 2018 All Rights Reserved.