MC BATTLE & MUSIC WEB MAGAZINE

雑踏ビート

フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン ACE vs ID どっちがACEかどっちがFAKEか

投稿日:2017年9月27日 更新日:

フリースタイルダンジョン シーズン4 Rec3-1。

チャレンジャーはID。
主に戦極で活躍し、シーズン3 Rec6ではCarter、KKとともにチーム「Liquid21」でダンジョンに参戦したが1st.ステージ3on3で敗退。

今回は単身でダンジョンに参戦。
初戦の相手は崇勲、そしてよくネタにされていたACEとの対決。

IDの挑戦にフォーカスをあてる。

【関連記事】

フリースタイルダンジョン 天才EINSHTEIN vs レペゼン沖縄CHICO CARLITO フローバトルを制するのはどっち!? 

余談ですが、崇勲の紹介VTRの将棋のくだりおもしろかったですね。

崇勲 vs ID

1st.ラウンドは先攻崇勲、後攻ID。

崇勲
「目先のバトルに出てる? 俺らは目先のバトルに出てないレベル
それ分かってる? 今夜も楽勝で 夜もぐっすり寝れる
Feeling good ID 他人じゃないかもしれないが
ここでは仕方ない ここでKill 何度も言う 第三の唇」

 

ID
「第三の唇閉じて寝る その夢も悪夢へと変える俺のRap
何も感じないのはおかしい 俺もあなたと同じ歳
いやそれ以下からRide on Beatの上
俺のアプローチ最初から最後まで間違いねぇ
ごめん コメントは0でも高評価 GoodはInfinityだよ」

 

FORKがモンスターなのをfeatureしてからなのかBEAT奉行のWAVE債務整RemixでRec3の1st.バトルがスタート。
崇勲は多少ビートアプローチに苦しむも経験・箔の違いでIDをDis。
IDはビートをしっかりキャッチし、Youtuberに例え、名前も売れてないし箔はついてないが質が違うとアンサー。

 

崇勲
「コメント 高評価 何の話してんのか 全然分かんねぇ だから気にしねぇ
俺は自分のフリースタイルをするだけ 安室奈美恵だったら"TRY ME"
YMOだったら"ライディーン" こんぐらい関係のない話しちゃうくらいに
俺は興味ないID」

 

ID
「いやいやいや崇勲さん 安室奈美恵関係なくないっすよ
だって俺VERBALが憧れですもん 意味分かる?
あいつとFeaturingしたらどんな奴も化ける 崇勲の松明もここで朽ち果てる
しゃーない そりゃしゃーない ポテンシャルが違うぜ
おっさんとは言わないが老害 論外だぜMen
俺は分かるぜ 惰性の果てがあんたならダメ」

 

崇勲、IDのYoutuberネタが響かずシフト。
「自分のフリースタイル→TRY ME」と常に挑戦思考とスピット。
ID「俺VERBALが憧れですもん」のところはファレルやカニエウエスト、ウィルアイアムなどの黒人有名アーティストとコラボってるとこからのフレーズというところか。

 

崇勲
「やっぱ何言ってっかよく分かんねぇな 俺が老害?
お前も俺の歳を通るはず 笑える訳ねぇ この道は続く
だから続く この言葉 俺が老害だったら何なんだよ
俺らみたいな奴がいるから お前ら光れるチャンスがあるってこと」

 

ID
「それは大きな勘違いだぜ あなたのお陰じゃねぇ
仮にあなたのお陰でも 俺はトカゲじゃねぇ 尻尾は切らねぇ
縁も切らねぇし次々と繋ぐぜ 意味がわかんないんだったら
もう一回HIPHOPのルーツを見直して
別に頂いたもんだけをポケットに入れて来てねぇ 1ヶ月間心臓叩きまくったぜ
負けたけど俺はハイセンス それだけは間違いねぇ 2バース目3バース目 俺は変わらねぇ」

 

崇勲、IDとの対話がうまく噛み合わず、再び「わかんねぇ」と頭に持ってきてしまう。
「老害」にブームを作った俺らがいるから今チャンスがお前らにあると至極真っ当なアンサー。

ID「負けたけど俺はハイセンス」→「敗戦/ハイセンス」をかけたおしゃれなフレーズが光る。

結果、クリティカルでチャレンジャーIDの勝利。
両者掴みどころがなかったがIDのクリティカルとなった。
ビートアプローチにはIDが一歩長けていたという感じ。

 

ACE vs ID

続いて2nd.ステージ、モンスターはACE。
2代目モンスターになり、初戦のONE a.k.a ELIONE、2戦目のSURRYと現在2連敗中。

ACE登場でIDのテンションもダダ上がり。
意気揚々とID先攻を選択、後攻はACE。

 

ID
どっちがACEか決めようか 本当の意味でのACEをな
え?滑ったかな?って顔してるけど 分かってるよ 滑ったから
サブいRapをブラックがやったらイメージダウン
俺は元々リアルだから何をやってもそりゃ上がるに決まってる」

 

ACE
「どっちがACEか こんなカスは消すさ
分かる?どっちがFakeか 知らねぇ 俺がACEだ
2人の絵面 もしかして ACEか?
いやいや違ぇすわ この場所はダンジョン 俺のペースだ」

 

ID「どっちがACEか決めようか 本当の意味でのACEをな」と終始ダンジョンでもネタにされたIDだったらACE、ACEだったらIDとDisられていたことからスピット。
そこからACEもR-指定戦で「Fake ID」とDisられた部分をネタにし、アンサー。

 

ID
「お前のペースか けど圧倒的見りゃ分かんだろペースダウン
落ちちゃってんだろ地雷 ACEつうかジョーカーじゃね?
引いちまったババ ダセェけどまだRapしたい
ただ暑苦しいなら やめちまえよ ニガー(コンプラ)
俺はReal Rappaer 君はない中身 俺は見せつける時代」

 

ACE
「笑わせんじゃねぇよバカ 分かった 俺がジョーカーだよ
ジョーカーの召喚 この場も浄化 お前なんて
この場所にいらねぇんだよ つまりはババ
だけどもここダンジョン IDの墓場
ハッハッハ 見てみろ客皆上がった」

 

そして、お決まりのACE→トランプネタ。
「ペース・ACE/地雷・(Rap)したい/ニガー・Rappaer/中身・時代」と細かくきっちりケツに韻を落とす。
ACEも「ジョーカー・召喚・浄化/ババ・墓場・ハッハッハ・上がった」と踏む。
二人のフローもビートにしっかりハマっていて気持ちいい。

 

ID
「生きてるぜ まだまだやるぜ うざってぇだろ けど終わったらマイメン
俺はRapが好き ある意味教えてやるよ 俺がRapを
本当に格好良いモンが欲しいんだろ ACE Fuck(コンプラ) up 蒸発」

 

ACE
「jordade raprap 終わったらマイメンじゃねぇよ
マイクぶつけた時点からマイメンだろうがよ
分かってんだろ つまり頭の回転 何を再現
残念 生きてるよ 俺も生きてるよ マイク握って呼吸 いつだって息してるよ
HIPHOPってのは最高だろ おいJapan 見てみろ これが日本の文化だぞ」

 

結果、3:2モンスターACEの勝利。
登場シーンから楽しそうにバトルする二人が印象的な試合。
よくお互いがお互いネタにされていたから見えない絆みたいなのができてたのかな。
それとも戦極で結構繋がってたのかな。(すみません、よく知らなくて)

両者ともにフローが小気味良い。
最後のACEが放つ「おいJapan 見てみろ これが日本の文化だぞ」が個人的にパンチライン。

ACE vs ID(2nd.ラウンド)

続いて2nd.ラウンド。
またも先攻ID、後攻ACE

ビートはKendrick Lamarの"HUMBLE"


ID
「Fuck'in(コンプラ) なんでACEは座ってな まだ
Rap好きなら腰掛けたなFucker(コンプラ)
俺そこにはいないの 常に空の上 君ダサいけどこの先はNo Way
道ないぜ 道なき道 切り開き 俺 Rap real shit
意味分かるかブーイングないぜ
これはPeaceとHamble 腹一杯満たされた後のご満足」

 

ACE
「その通りで後のHustle いや違うな ふっとストップするBeat
Rapper Rapper なんだかんだ 言いたいとこだが 何だ知らないが
言葉が俺様 刀だ スパッと切り刻む
いつだったリリシスト ダサいダサい かなりヤバイ
中身がない Fuck(コンプラ) カナリヤ代表 見せてるよ かなりヤバいフロウ」

 

ID「ACEは座ってな」HUMBLE(謙虚)にかけ「道なき道 切り開き」とNITROの"Still Shinin"をサンプリング
このバース全部カッコイイ!
ACEもブラジルから「カナリヤ代表・かなりヤバいフロー」ときっちりオシャレにケツで落とす。

 

ID
「かなりヤバいフロウ ていうかお前カナリヤじゃなくてオウムだろ
俺のパクリじゃない? Noだろ? ジョーカーを引いた段階 負けてる そりゃ犯罪
金のネックレスもチープに見えるお前のフェイス
俺はReal shit あとお前ら 客 審査員じゃ 乗れないぜReal Rapper この次 Ah
俺 最先端 見たいぜ 新しい時代 この先の景色 俺のモンだ Ai」

 

ACE
「そうだオウムだよ ほら信じよう 俺の真理教(コンプラ)
分かるかな 結局俺の金じゃない 銀のネックレスで皆ハイ
オウムよりも飛ぶ つまり何求む 音の上で踊る
お客さんも喜ぶ ほとぼりなんてものないぜ
Hey yo ID 音楽ってやつは最高だよな 楽しくってやめらんないぜ」

 

ID「カナリヤじゃなくてオウムだろ」とお前が俺のモノマネだといわんばかりにDis。
余裕でコンプラかかったけど、ACE「そうだオウムだよ ほら信じよう 俺の真理教」と吐く。

 

ID
「本当にそう 音楽は最高潮 でもお前のLife goes on チープすぎて聴けないよ
つまりはReal shit 湧きどころどうのこうの そこにはない音楽性 魅せるReal world
ていうか湧いたら勝ちだっけ? 俺は必要ないMusicに勝ち負け
忘れたらダメ バウンスする心臓 信じるのみだぜ」

 

ACE
「OK Musicには必要ない勝ち負け だがこれはバトルだ
俺が勝ちを奪っていく それで決定だぜ 分かるか 何でもいいんだよ
HIPHOPってやつはバトルじゃなくても そう 音源
それからライブも最高 こうやって生きてるのが最高
会場 相棒 最強 才能 何もないけどもうるさいよ
フル採用していく俺の最強 ダサくても良い これが俺のいなたいフロウ
三連とか最近のHooHooじゃなくて 自分のスタイルブレずにいくぜ
お前 もうそれ 消えい消えい」

 

結果、3:2モンスターACEの勝利。
最後まで終始、楽しそうなバトル展開。
IDはACEが出てきた瞬間から既に勝ち負けよりも楽しくやる!!ってのがヒシヒシ伝わっていた。

ACEは新生ACEとして次回から変わると前回のRecで宣言していてフローやビートアプローチをしっかり掴んでるなぁと思っていたが、ACEスタイルで最後はダダダダッとワードを詰め込むいつもの感じで少し残念。
詰め込んだ後の締めの「自分のスタイルブレずにいくぜ」は妙に納得しましたけど。
ともあれ無事2代目モンスターとして初白星をゲットですね。

 

今回のRecの目玉は果たして誰になるんでしょうかね。
来週以降も期待!!

-フリースタイルダンジョン

Copyright© 雑踏ビート , 2018 All Rights Reserved.