MC BATTLE & MUSIC WEB MAGAZINE

雑踏ビート

フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン THEコンプラ合戦 輪入道VS漢

投稿日:2016年3月25日 更新日:

フリースタイルダンジョン輪入道

フリースタイルダンジョン、遂に輪入道が登場。

2007年に単独でデビューし、何と4ヵ月にして「REPRESENT MC BATTLE」優勝という才能むき出しの経歴の持ち主。

その輪入道が今回、1年のMCバトルの封印を解除し、満を持して参戦した。

放送をご覧になった方はおわかりだろうが、DOTAMA VS ACE戦並みのコンプラ合戦で地上波だいじょうぶなのか?という模様だった。

特に今回のコンプラはチョイスするワードが本当に危ない言葉だと手に取ってわかるものだ。

しかし、DOTAMAが登場した時並みに、私個人として放送が楽しみで仕方なかった。
彼が放つ言葉、圧倒的なバイブス、カリスマ性に魅了されている方も多々いることだろう。

そこで今回はフリースタイルダンジョン#21の輪入道VS漢戦について綴りたいと思う。

輪入道のMCバトル戦績

輪入道

冒頭にデビュー4ヵ月で「REPRESENT MC BATTLE」優勝と記したが、その後も数々の有名バトルイベントで大きな戦績を残してきた。

【主な戦績】
REPRESENT MC BATTLE 2007 優勝

B-BOY PARK 2010 U20 MC BATTLE ベスト4

UMB 2011 千葉予選 優勝

THE 罵倒 2012 千葉予選 優勝

THE 罵倒 2012 GRAND CHAMPIONSHIP 準優勝

UMB 2013 東京予選A ベスト4

THE 罵倒 2013 下町予選 優勝

UMB 2013 千葉予選 優勝

THE 罵倒 2013 GRAND CHAMPIONSHIP 準優勝

核MIX×THE 罵倒 東京NO.1 決定戦 MC BATTLE 優勝

B-BOY PARK MC BATTLE 2014 優勝

ADRENALINE MC BATTLE 2014 ベスト4

UMB 2014 千葉予選 優勝

THE 罵倒 2014 GRAND CHAMPIONSHIP 優勝

PRIDE MC BATTLE vol.4 優勝

このようにUMB、B-BOY PARK、罵倒など数々の大会で成績を残し、名を轟かせてきた。

2014年12月の「THE 罵倒 2014 GRAND CHAMPIONSHIP」を最後に約1年間のバトル休止期間があったものの休止の封印を解き出場した2016年の「PRIDE MC BATTLE」ではブランクを感じさせることなく見事優勝した。

この数々の戦績の中でも個人的に印象深く、名勝負のひとつであるのがデビュー4ヵ月で優勝した「REPRESENT MC BATTLE 2007」で決勝の相手となったTKda黒ぶちとの再戦、「THE 罵倒 2012 GRAND CHAMPIONSHIP」の決勝である。

結果は惜しくも準優勝となったが、「REPRESENT MC BATTLE 2007」の決勝シーンが思い浮かぶような心に響くバトルであり、いろんな意味を含むアツさがそこにはあった。

この試合は見たことない方は是非見ていただきたい一戦だ。

輪入道 vs 漢 a.k.a GAMI(リリック書き起こしあり)

 

会場に登場するや否や観客の渦の中に飛び込み、盛り上げるといった、輪入道らしい登場!
マイクが壊れるといったプチトラブルも発生。

初戦の相手は漢a.k.a GAMI。
まさに今までのフリースタイルダンジョンで一番のアングラ対決。

漢登場からのこぶしを合わせるシーンから輪入道の漢へのリスペクトも感じられる。

二人の見た目の威圧感もそうだが、ライフスタイルも相当なアングラな部分を持つこの対決にファンは相当な期待感を持ったことだろう。

それもそのはず。
動画を見ていただくとおわかりになるだろうが、予想通りといってもいいようなコンプラワードのラリー。

しかも、DOTAMA VS ACE戦とは違い、コンプラとなるワードが相当ブラックであろうワードだ。
コンプラになっていない部分でも「俺はただお前殺○たいだけ」「数分後お前は死○でるぜ」「草の話」「ワッパ」など放送大丈夫?レベルのワードがどんどん出てきていた。

ただ、変わらずのバイブスの高さ、それにリズムを外さず乗りこなす安定感がさすがだ。
しっかり、MSCのサンプリングもしてますし。(無言の蓄積:MSC)

さてさて、そのワードがいかがなものか、改めてバトルリリックを書き起こしてみた。

フリースタイルダンジョン輪入道2

1st.バトル ROUND1

<輪入道>
俺は明日死んでも構わねぇ覚悟で
ここに何かを見つけに来たっていうだけだぜ
漢 a.k.a GAMI これが無言の蓄積
言葉いらねぇとこでの勝負
分からねぇお前らマジで【コンプラ】YOU
OK?ノッテこいよ 俺がアゲてやるぜこの会場

<漢>
気安く俺なら【コンプラ】YOUしねぇぜ
ファンは大切にするタイプ
だけれどお前は大分ブランクあったぜ
まるで「Dr.スランプ」のアラレちゃんのように暴れちゃう
だけど俺ならお前をペロリと食う
だけれどクッパみたいな俺はモンスターじゃねぇよ
くだらねぇ文句だ

<輪入道>
クッパ木っ端微塵するぜストッパー
俺ならいつでも動かすこの場
これが現場 誰がDangerousか?
俺は渋い健高倉 アーイ?
皆の前でエンタテイナー ぶちかましてやるぜ
変なツラしても意味がねぇ いきがってんじゃねぇ
俺はただお前殺したいだけ

<漢>
テレビをつけりゃあPOPSラッパー
現場に来てみりゃ「強くなったモンスターだった」と言わせる今回は
まぁ公開処刑 Zeebraがやったように自分勝手に歌うこの音楽
だけど俺だったら「女」【コンプラ】の方が本当は興奮するぜ
数分後お前は死んでるぜ

 

【結果】輪入道2:漢3 勝者漢

1st.バトル ROUND2

<輪入道>
本当に数分後 俺が死んでいるか見てくれよ東京
これよりもさらに上がるところまで持っていく
お前はアニメの話 あと草の話ばっか
ただのクソラッパー
昔は確かに凄かった
だけど今は俺の方がヤバイanswer

<漢>
何だよそればっか言って目は真っ赤
さっき吸ったばっか ただの【コンプラ】だけれど
気にしねーよワッパ
お前はパラッパラッパーストッパトッパ
食い散らす牙剥いた本気のクッパ
だけれどお前を今日食った
数分後マジで俺が殺す番だ

<輪入道>
あっそうかいボンクラ
やっと気にしなくなったんだなコンプラ
俺はロングラン こっから飲ませるぜ
【コンプラ】かそれか【コンプラ】か【コンプラ】かどれだ?
どれでもねぇ俺ならマイクに込めた
魂ケミカルよりも早くぶっ飛ばしていくぜ即興

<漢>
確かにお前はデンジャラス
だけれど俺は今日は連れがいるぜ
「O」がつくこいつデンジャラス
つまり「D.O」お前をテンパらす
俺は【コンプラ】も飲んでねぇよ
だけどお前は今年はコンプラ気にしねぇ
今度はあったらI don't give a 【コンプラ】
また遊んでやるよ 後でまた

 

【結果】輪入道0:漢5 勝者クリティカル漢

輪入道がまさかの1st.バトル敗退であったが個人的には今までのフリースタイルダンジョンのバトルの中でも上位に入るバトルだった。

今回のバトルで「ストッパーを外した漢がすごかった!」「やっとカッコイイ漢さんが見れた」など巷では騒がれていたみたいだが、今回以外のバトルでも漢はすごかったと思う。

たしかにフローは単調かもしれないがサンプリングを織込むスキルが相当すごい。
今回の輪入道戦でもAK-69の曲をサラッと放り込んでいるし。

だが、正直なところ、1st.バトル敗退というのはショックだった…
(輪入道のバトルがもっと見たかった…)

しかし、非常にいい一戦だった!!

おまけアドリブ
<漢>
ありがとう 気にしなくなったコンプラ
この音楽で取るコンタクト 山田マン参上!
(ラッパ我リヤのサンプリング)

だけど何も気にすんな
お前が証明してくれた
俺らはいつも捨て身だから
いつでも切れねぇ捨て身なパワー

<輪入道>
噛ませ犬みてぇな扱いすんな
オメェよりヤベェ侍文化
ぶっ放してやるぜ【コンプラ】爆弾
この後どうなる2016 Checkしときな

輪入道の音源&バトル動画

【音源】

(出典:輪入道 - 叩き上げ)

2013年に発売されたデビューアルバム「片割れ」の中の一曲。

無骨だが、どんな環境、状況下においても信念を曲げないといった輪入道に人となりが表れているリリック。

怖さはある、追い込むことだってある、でも自分だけはブレることなく生き抜くといった心情が描かれている音源。

 

(出典:【MV】ACE /朧月〜三つ巴〜 feat R-指定 輪入道 (P)戦極CAICA 2015)

ブラジリアンラッパーACEの1st.アルバム「STRAIGHT」に収録されている一曲。

MCバトルで名を轟かす三人が集結し、音源の中でもこの三人のスキルが溢れ出している作品。

 

【バトル動画】

(出典:THE罵倒2014 《Round3(核MIX)》 【ACE vs 輪入道】)

 

(出典:ADRENALINE 2014 / ACE vs 輪入道)

 

(出典:THE罵倒2013 (下町予選) 【輪入道 vs 蛇】)

 

(出典:2016/1/30(Sat)PRIDE MC BATTLE vol.4 公式BEST BOUT 3 雄猿 VS 輪入道)

 

(出典:2016/1/30(Sat)PRIDE MC BATTLE vol.4 公式BEST BOUT 6 輪入道 VS MC KUREI)

フリースタイルダンジョンのVS漢の最後のアドリブフリースタイルでも「2016 Checkしとけ」と言っていた輪入道。

MCバトル休止の封印を解き、今年からはいろんな大会に出ることが予想される。

バトルもそうだが、LIVE、音源と今後の輪入道の活躍に期待したい!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

左回りの時計 [ 輪入道 ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2017/11/15時点)

-フリースタイルダンジョン

Copyright© 雑踏ビート , 2018 All Rights Reserved.