MC BATTLE & MUSIC WEB MAGAZINE

雑踏ビート

フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン 般若VS焚巻 リリックと感想

投稿日:2016年2月9日 更新日:

フリースタイルダンジョン 般若

フリースタイルダンジョンもREC4が終わり、新たなステージREC5に進もうとしている。
隠れモンスターシステム、R指定 VS DOTAMAの因縁の再戦など回を増すごとに番組の熱量も増している。
そのREC1~REC4の中でも外せないのが、ラスボス般若を引きずり出した焚巻戦だろう。

2002年まではB-BOY PARKなどMCバトルの一線で活躍し、一時その姿を消し、2008年のUMBにて見事復帰し、優勝を勝ち取った般若。

そして、そのUMB優勝を経て、MCバトルの世界から退いていた。

そんな般若が約7年ぶりにバトルをするとなり、ファンも非常に高ぶったことだろう。
ブランクがあっても変わらない気迫と適確な押韻とフロウ、そんな姿に感動を覚えた方々も多いことに違いない。

今回はこの名勝負のリリックの書き起こし、改めて振り返りたいと思う。

般若 VS 焚巻(リリック書き起こしあり)

得意の流れるような高速ラップで次々にクリティカルでモンスターを撃破していく焚巻。
ステージを進んでいくごとに焚巻の勢いも相乗効果のように増していく。

初戦のサイプレス上野をROUND1でクリティカルで倒し、2nd.バトルではMCバトル最強と呼び声も高いR指定までもROUND2にてクリティカルで撃破。
R指定を倒し、怖いものはもうないとばかりに立て続けにT-Pablow、漢と撃破。

《モンスター4人撃破までの戦績》
サイプレス上野 ROUND1    5:0 クリティカル勝者焚巻
R指定 ROUND1    3:2 勝者R指定 ROUND2 5:0 クリティカル勝者焚巻
T-Pablow ROUND1    5:0 クリティカル勝者焚巻
漢a.k.a GAMI ROUND1    5:0 クリティカル勝者焚巻

そして、満を持してラスボス般若登場。
圧倒的な存在感、余計なことは一切しゃべらず「行こう」と一言だけ発し、いざバトルへ。

フリースタイルダンジョン 般若 焚巻

ROUND1

「焚巻」
証言1はまず俺からやりだすジェロム・レ・バンナばりの技でやるか
寝技なし 右左パンチワーク 直通ダイヤル回してやりだす
やっと出て来たラストモンスター ラストまでストーンとならず
ならず者のジプシーを湧かせ
HIGH JACK POT ROCKERSレペゼン 相手にはボディブロウ効果覿面

「般若」
お前のはただの早口 辛口 行くぜ焚巻
俺が勝つらしい?誰が負けらしい?これが逆だし ついちゃう核心
これが証言 お前にかけてやるぜ黄色い小便
OK 合わせてみな これがモンスター般若だ いいな

「焚巻」
その小便 かき消すぜ45口径
俺は当時やっぱ少年だから正念場 現場から現場
このままやりますが相手に吐き出す爆弾
殺伐かハツラツか二者択一です
どちらが勝つか きつめなフリースタイル
ドクターペッパー振りかけて作り上げる俺のグルーヴはどうだ

「般若」
まあ落ち着けよ 四天王を倒した で、THE END?これが事件簿
どこ逃げんの どこ見てんの 目の前いるのが俺だバカヤロウ
まあ落ち着け 君の実力 俺に教えてくれよ敗北
こいつゾンビにして骸骨 即効やってやる これがヒップホップ

4:1 勝者般若

ROUND2

「般若」
I REP どうでもいい 右に審査員
目を瞑り 開ける 目の前敵がつーかやってみ 俺を撃破
こいつら劇画 お客さん お母さん持ってく100万 逆算
それでもいいけど俺は負けない 聞かせてくれよフリースタイル

「焚巻」
だからフリースタイル 俺は元は石ころだけどクリスタルみたいに輝けることこの場で証明
撃破しに掴みまずはmake it here make it hot
Hotな相手だけどやっぱおっと我見失ってる
7chの砂嵐でも今ブラウン管じゃなくて薄型テレビで見てる映像に映らない
情熱というヤツを燃やしてFire

「般若」
俺はなぜこの戦いに出たか 7年間も沈黙してきたけどよ
辛抱強く やっぱり黙ってはらんねえ
何がアーティスト 立場とかそんなもん知らねえ まだバカその逆だ
お客さんこう手を挙げる だけどよく聞いてくれ
俺はお前としたい こうゆう試合が
だからリタイヤ そんなものしないや
視界がお前みたいに素晴らしい敵だ そういうことにあること全てに感謝

「焚巻」
だからリタイヤが見たいヤツと俺もやりたいんだ
だから時にされたいよ大破
くらった倍の倍 へこんだマイクだとしても
へこまされたら倍に返す それが漢のやり方
死に様まだ見せるわけにはいかないっすよ
生き様学んだ池袋から底から東京
即答 日本列島炎上 日の丸HIP HOPで揺らしてく

3:2 勝者焚巻

ROUND3

「焚巻」
フリースタイルダンジョン 俺はしてる朝バイト
夜にフライトするためにやりだす バイト自体じゃ生き残れない
大都会のビルの合間抜けて足跡マーキング残してくよ
上裸 裸だったら裸一貫
男生身の体でstep踏んで 噴火させる数分間
沸いたマグマ蕩かす富士山

「般若」
バイトじゃねえ俺はヒップホップに就職
それか女だったらとっくにやってる風俗?
でも誰も抜かねえ 誰も俺には勝てねえ
俺も俺自身に勝つためにこのステージに上がる
黙る 下がる だけど毎日やってる 勝ってる
勝ち負けそんな関係ねえからお前のライム早く聞かせてくれ

「焚巻」
だから俺も這いつくばりながら歯 奥歯食いしばって
時にボコボコにへこまされるよ毎夜毎晩
磨いた牙 コイツが信じたいじゃん
だからやってる日の出いつ昇るか
未だに分からないけど回してるリボルバー
だからここに眉間に皺寄せて打ち出す弾丸 革新の2文字

「般若」
リボルバーで気持ちが伝わったよ 弾丸でワンツーで痛感
それよりも感謝 俺は般若 お前の名前は焚巻
俺が革新 そして誰が勝つらしい
そんなもの知らねえ 場数がどうとか
そんなもの知らねえ 誰がチャンピオン素人とか
俺がNo.1?俺がONLY ONE ヒップホップドリーム
突くぜ核心

5:0 クリティカル勝者般若

感想

フリースタイルダンジョン 般若 焚巻2

7年前のMCバトルの頃と今を比較するとライミングもフローも言葉のボキャブラリーも時代の流れとともに新たなものが生まれMCバトルも進化し続けてきた。

はじめはMCバトルの表舞台から7年姿を消していた般若に果たして、今の猛者を倒すようなスキルはあるのか。と疑問を持っていたのが正直なところだった。

しかし、そんな疑問はもろ刃の如く崩れ去り、このバトルから圧倒的な存在感と力がまだまだ般若には顕在していることが改めてわかった。

その般若の力を魅せつけられ、そして、Zeebra、UZI、審査員、モンスター、会場のオーディエンスも、テレビ・PC越しの我々視聴者も感動の渦に巻き込まれたのではないだろうか。
特にMCバトルを今まで見てきた方々からすると今回のこの放送は歴史的であり、伝説にも残る1ページだ。

Zeebra、晋平太が感極まるその姿に我々MCバトルファンも共感したしたのではないだろうか。

今回のバトルを見て、違う世界が私にも見えたような気がした。
それは、「厚み」や「重み」のようなものだ。

変幻自在なフローやエンターテインメント性溢れるライミング、皆が納得するような適確なディス、MCバトルに勝つ要素としてそれらが最重要項目だと思っていた。
しかし、般若よりもそういった部分を持ち合わせたMCたちは他にも存在する。

私が般若に圧倒されたのはそれらではなく吐き出す言葉の「厚み」「重み」だった。
MCバトルで生きてきた人間だから吐ける言葉、HIPHOPをやって、見てきたから吐ける言葉、それを武器に堂々とチャレンジャーに真っ向勝負を挑むその姿が非常に美しく見えた。

まるで一言、一言にしっかり思いを込めて返答する、そんな風にも見えた。

いやぁ、それにしても焚巻も本当に強かったと思う。
バトル映像を今までにも見たことはあったが、これほどとは思いもしなかった。

ハイセンスなスキルを持ち、世のMCバトルファンを盛り上げてくれた焚巻にも敬意を払いたい。
焚巻の今後の活躍にも期待したい。

焚巻の音源

そんな焚巻、音源も結構いい。

【Brand new days / 焚巻】

(出典:Brand new days / 焚巻)

 

【No.9 / 焚巻】

(出典:No.9 / 焚巻)

 

【MADNESS/ 焚巻(J.R/NewjackSkillz)】

(出典:MADNESS/ 焚巻(J.R/NewjackSkillz))

焚巻のバトル動画

フリースタイルダンジョン#11~13にも出演した掌幻とも最近バトルをしていた。(ADRENALINE 2015 / 掌幻 vs 焚巻)

(出典:ADRENALINE 2015 / 掌幻 vs 焚巻)

ADRENALINE 2014 / GOMESS vs 焚巻

(出典:ADRENALINE 2014 / GOMESS vs 焚巻)

-フリースタイルダンジョン

Copyright© 雑踏ビート , 2018 All Rights Reserved.